プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 インターネット上には毎日のように新しいサイト、ページが大量に追加されています。

 リンク集サイトへ登録自体は、SEOのバックリンクとしての効果は十分に認められますが、時間の経過と共に自分のサイトの掲載ページが検索エンジンのインデックスから消えてしまう可能性があります。

 新規登録のたびにサイト掲載ページが書き換わり、時間とともに自分のサイトの掲載ページが奥へ奥へ追いやられるからです。

 一括登録サービスなどで数千箇所に登録された場合、最初はインデックスされてバックリンクは数千になり、功を奏して順位も上がります。

 しかし、すぺての掲載ページがインデックスから消えると、順位は下がります。

 したがって、新しい登録が必要になります。
 
 ただし、リンク元のインデックスと上位表示リンク元のページが検索エンジンのインデックスから消えると、リンクを受けて獲得していたSEOの効果もゼロになるそうです。

 リンク元の順位も重要ですね。

 掲示板などのサイト書き込みも同様のようです。
 
 また、リンクファームの問題がありますので、注意が必要です。
 
 リンクファームとは、検索エンジンの検索結果で特定のWebページの表示順位を上げるために、そのWebページへの不自然なリンクが大量に張られている状態です。

 また、そのような不自然な大量のリンクを掲載したページ/サイト群のことです。

 Goolgeなどの検索エンジンは、どれだけ多くの人がそのWebページに対してリンクを張っているかを、そのWebページの客観的な重要度として検索結果の表示順位の指標のひとつにしています。

 これに目をつけて、自身の運営する複数のWebページ間、もしくは協力者が集団で運営しているWebページ間で大量にリンクを張り、人為的に指標を上げることで検索結果の表示順位を押し上げるというSEO行為が行われています。

 リンクファームによって操作されたランクは客観的な重要度とは言い難く、Googleではリンクファーム参加者とみなしたWebページに対して、ランクを下げたり検索対象から外したりといったペナルティを課しているようです。

 リンク集へ登録する場合、その見極めが大切ですね。

 ほとんど、いかがわしいSEO業者が仕組んだ相互リンクのようです。

 リンクファームにからむと、リンクは無効とされ、PageRankがカウントされず、ページをインデックスから削除されます。

 ペナルティを科す科さないの見極めは、リンクファームやその業者などへ、こちらからリンクを貼っているか・いないかのようです。

 こちらからリンクを貼ることは、避けた方がよさそうです。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。