プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

  今日は、goo RSSリーダーをご紹介します。

 →goo RSSリーダー

 RSSリーダーは、RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報をお気に入りのように登録し、各サイトやブログの新着情報を一気にチェックできるツールです。

 すべてのサイトをひとつひとつお気に入りから開くことなく、RSSリーダーのひとつで全サイトの新着情報がチェックできます。

 100を超えるニュースやブログの新着情報チェックも、ほんの数秒程度で完了。

 gooでは、2タイプのRSSリーダーを提供しています。

 ひとつは、Windowsパソコンにインストールして使うアプリ版 goo RSSリーダー。

 もうひとつはWebブラウザからアクセスして使うウェブ版 goo RSSリーダーです。

 さらにケータイ版 goo RSSリーダーもあるため、携帯電話からも利用できます。

 利用するには、gooIDとログインパスワードが必要です。

 希望gooIDとログインパスワードの設定と「お客様情報の設定」を行って、「お客様メールアドレスの設定」を行います。

 最後にgooID 利用規約を読み、登録ボタンをクリックします。

 →goo RSSリーダーへの登録はこちら

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


RSSプラス

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 SEO対策ドットコムRSSプラスは、RSSプラスをソーシャルブックマークにまとめて追加できるサービスです。

 うれしいサービスですね。

 しかも無料です。

 →SEO対策ドットコムRSSプラス

 RSSプラスをブログサイドバー等に張り付けると、RSSリーダーへの登録作業がスムーズにできます。

 そして、RSSの購読者数を増やすことができます。

 追加できるのは、

・はてなRSS

・livedoor Reader

・My Yahoo!

・Google

・goo RSSリーダー

・Bloglines

・Technorati

・PAIPOREADER

・newsgator feedpath

の9つです。

・ブログまたはRSS対応サイトのアドレスを入力します。

・作成したいRSSサービスを選び、実行ボタンを押します。

・生成されたソースをブログサイドバー等へ張り付けます。

 →SEO対策ドットコムRSSプラスへの登録はこちら

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


ライブドア

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 今日は、ライブドアをご紹介します。

 →ライブドア

 何十、何百というRSSフィードを管理するのに便利なのがフォルダ機能です。

 新規追加や移動といった基本操作を画面遷移なしで行えるので、増え続けるフィードもストレスなく管理できます。

 最新情報を常にチェックしたいお気に入りのフィードには5つ星、時間があるときだけチェックするフィードには1つ星。

 レートによる分類でフィードの管理もさらにやりやすくなります。

 大量の記事を読み進めるにはキーボードショートカットがお薦め。

 雑誌や新聞をめくるような気軽な操作で、必要な情報を探したり、斜め読みしたりといったことも自由自在です。

 元のサイトにジャンプしてから読みたい記事は「ピン」のアイコンをクリック。

 RSSリーダーを一通りチェックし終わった後に、まとめて新しいウィンドウで開いてじっくり読むことができます。

 クリップ機能を使って気になる記事を登録しておくと、あとで探したり、読み返したりするのにとても便利です。

 あらかじめ「livedoor クリップ」のユーザー登録をしてから利用します。

 フォルダ、レート、ピンといったPC版の機能はそのままに、移動中や外出先でもlivedoor Readerにアクセスして最新情報をチェックできます。

 ソーシャル機能を活用すると、自分が読んでいるフィードを公開したり、他人が読んでいるフィードを見ることができ、さらに効率のよい情報収集が可能になります。

 登録は、ID、パスワードその他の基本情報を入力して行います。

 その後、livedoor にログインして、ブログの登録を行います。

 →ライブドアへの登録はこちら

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


はてな

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 今日は、はてなをご紹介します。

 →はてな

 はてなのサービスを利用するには、ユーザー登録(無料)をする必要があります。

 ユーザー登録は、登録内容入力、登録内容確認、メールアドレス確認を経て、ユーザ登録を完了します。

 利用規約を読み、すべての内容に同意の上登録します。

 ユーザー登録を行っても本登録のお願いメールが届いていない場合には、メールの再送信を行います。

 複数のアカウントを取得することは利用規約で、禁止されています。

 サブアカウントの取得を希望する場合は、複数アカウントの利用についてを読みMyはてなより登録します。

 RSSリーダーのサイト登録は、RSSリーダーのページの右側に表示されているURL追加フォームとボタンで行います。

 →はてなへの登録はこちら

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


マイヤフー

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 今日は、マイヤフーをご紹介します。

 →マイヤフー

サイト内に設置されている「RSSボタン」を押すと、RSSファイルのURLが表示されます。

 ボタンのデザインはサイトによって異なります。

 また、サイトによってはRSS対応コンテンツがない場合もあります。

 My Yahoo!のページにある「RSSの追加」をクリックします。

 RSSファイルのURLをコピーし、アドレス入力欄にはりつけて「追加」ボタンを押します。

 気になるコンテンツの「My Yahoo!に追加」ボタンを押すだけで、簡単に追加できます。

・Yahoo!動画

・Yahoo!グルメ

・Yahoo! JAPAN

・新着情報(総合)

・ランキング(総合)

・特集一覧

・新着リリース情報

・新着オススメサイト集

・トップニュース

・ビジネス・ニュース

・ワールド・ニュース

・その他

 サイトやブログのRSSファイルのアドレスを登録すると、利用者が自分のMy Yahoo!に追加したいコンテンツを探す際に使用する「キーワード検索」で、検索結果にサイトを表示できます。

 多くの利用者にRSSを利用してもらうことで、サイトへのアクセスを増やせます。

 →マイヤフーへの登録はこちら

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 今日は、グーグルリーダーをご紹介します。

  →グーグルリーダー

 フィードを登録すると、Google リーダーでそのフィードの更新を記録します。

 登録フィードに新しいコンテンツが投稿されると、Google リーダーに表示されます。

 お気に入りサイトの最新情報を、それぞれのサイトにアクセスすることなく、まとめて入手できます。

 Google リーダーでは、登録フィードが更新されていないか約 1 時間に 1 回確認しています。

 ただし、登録ユーザーが少ないフィードの場合は、これより確認回数が少ない場合があるようです。

 グーグルリーダーを利用するには、先にアカウントの作成が必要です。

 
 →グーグルアカウントの作成はこちら

 Googleリーダーはウェブ上のアプリケーションですので、PCにインストールする必要はありません。

 お使いのPCがWindowsでもMacでも利用できます。

 グーグルアカウントにログインして利用します。

 登録するフィードのアドレスがわかっている場合は、[登録フィードを追加] リンクをクリックし、表示されるテキスト ボックスにアドレスを貼り付けます。

 また、Google のディレクトリでフィードを検索して追加したり、 独自にフィードを探すこともできます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


RSSの活用

 気になるサイトがたくさんある場合、いちいちサイトを巡回して情報を集めるのはとても大変です。

 RSSリーダーはこのような手間を省くために生まれた情報収集ツールです。

 RSSフィードと呼ばれるサイトの更新情報を登録しておけば、気になるサイトの更新情報をRSSリーダーが知らせてくれます。

 RSSリーダーで登録しておけば、気になる情報が更新されるごとに、自動的に更新情報が届きます。

----------

 RSSリーダーの設定は、まずは、RSSリーダーをインストールして行います。

 利用シーンに合わせて携帯版・ウェブ版・アプリ版と異なったタイプが選べる場合が多いようです。

 用途にあったソフトをダウンロードして利用します。

 RSSリーダーをPCに設定したら、後の使い方は簡単です。

 気になるサイトがあったら、「RSS」のマークを探します。

 RSSのタイトル部分にマークが設置されていますので、RSSフィードをRSSリーダーに登録しておけば、自動的に更新情報が届きます。

 登録法はRSSリーダーのツールによっても違うので、よく確認することが必要です。

 RSSリーダーはサイトだけではなく、キーワードも設定できます。

 気になるキーワードを登録しておけば、このサイトや登録済みのサイトに限らず、RSSフィードのあるサイトが登録キーワードを伴ったテキスト更新を行った場合、その更新情報も表示されます。

----------

 このようなRSSですが、お勧めは、グーグル、ヤフー、はてな、ライブドアです。

 グーグル;

 http://www.google.com/support/reader/?hl=ja

 ヤフー;

 http://my.yahoo.co.jp/st/rss/index.html

 はてな;

 http://r.hatena.ne.jp/

 ライブドア;

 http://reader.livedoor.com/

 登録すれば、グーグル、ヤフー、はてな、ライブドアなどに被リンクされることになりますので、アクセスアップの上でも効果が期待できます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


RSS

 RSSとは、ウェブサイトの記事の見出しや概要を配信するための技術で、Really Simple SyndicationとかRich Site Summaryなどの言葉を省略したものです。

 主にサイトの更新情報を公開するのに使われています。

 たとえば、ブログにファンがたくさんいれば、ファンは新しい記事を待っています。

 記事を書くと、それをRSS配信してお知らせするのです。

 いっそうのアクセスアップにとても有効です。

 そのRSSに企業の広告を入れることもでます。

 Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマットです。

 最初のバージョンはNetscape Communications社が「My Netscape」サービスのために1999年に開発したバージョン0.9です。

 これはコンテンツのメタデータを記述するRDFをベースにしたため、RSSバージョン0.91では、サイトの更新情報の配信に特化した仕様に改められました。

 その後、Netscape社に代わりRSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの仕様「RSS 1.0」( 1.0)を提案しました。

 高度な機能をモジュール化して追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザも依然として多く、こうした人々の手によって0.9xの後継となる「RSS 2.0」( 2.0)が提案されました。

 こうした経緯のため、RSSの仕様は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」(Rich Site Summary)の2系統に分かれています。

 RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができます。

 RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができます。

 指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されています。

 また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えています。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。