プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Webページのドキュメントは、コンピュータにとって単なる文字の羅列にしか過ぎません。

 ページ解析とは、Webページのドキュメントの内容を検索エンジンが正しく処理できるように、ファイルの構造や素性を明かにする作業です。

 構文解析、メタデータ、文字の処理が重要です。

・構文解析

 構文解析とは、ページの文意を考慮したコンピュータ処理を可能にするため、文法に基づいて文章を解析することです。

 個々の語句がどのような意味を持ち、どのようなつながりをもっているのかについて指標化し、コンピュータにはわかりづらい文章の文意をプログラム処理しやすい状態にすることができます。

 ページを記述するHTMLソースの各要素が持つ意味を解析することで、ページ内の個々のテキストが持つ意味をとらえることができます。

 検索エンジンに正しく情報を収集させるためには、各要素の持つ役割に適した要素を用いた、間違いのないコーディングが重要です。

・メタデータ

 メタデータとは、データを分類処理しやすくするため、生データに対して付与する、データの素性を定義する情報です。

 コンピュータにとってメタデータはデータを分類する上で重要なもので、メタデータをふまえてWebページを解析することで、ページの内容をより正確に反映させたデータベースを作ることが可能となります。

 HTMLの文法においても、内容に応じた適切なメタデータを施してWebページを作成するよう勧告されており、そのための方法が用意されています。

 中でも特に、head要素内におけるmeta要素の属性情報は、文書全体のメタデータとして重要なものです。

 文書の著者

 文書のキーワード

 文書の要約文

 文書の文字コードやファイルタイプ

・文字コードの処理

 文字コードの処理とは、電子ファイルが扱う様々な文字コードの中で、そのWebページの記述に使われているものを確定させる作業です。

 検索エンジンが文字情報を扱うためには、電子ファイルで扱うことのできる様々な文字コードの中で、そのページの記述に使われているものを確定しておく必要があります。

 HTMLでは、head要素内のmeta要素で文字コードを指定することができます。

 検索エンジンはこの情報を手がかりに、それ以降記述される文書の文字コードを特定します。

 文字コードの自動認識は、ドキュメントの状態によっては正しく行えない場合もありますので、meta要素による文字コード指定を確実に行っておくことが重要です。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。