プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSS

 WEBページをブラウザで見たときに、何が見出しで何が箇条書きなのか、またどの部分が重要なのか、文字の大きさや太さを見て視覚的に判断、理解することができます。

 しかし、検索エンジンのクローラは人間の目と違い、視覚をもって何が見出しで何が箇条書きを理解することができません。

 クローラはHTMLのタグの構造を見て、何が見出しで何が箇条書きかを識別しています。

 複雑なテーブル構造でレイアウトされ、文字情報も画像で作成されていたら、伝えたいテーマをクローラへ伝えることはできません。

 そのため、レイアウトや文字装飾といったデザイン要素はHTML内に記述せず、CSSによって外部ファイルで設定することが望ましいとされています。

----------

 CSS(Cascading Style Sheets)とは、HTMLやXMLの要素をどのように修飾・表示するかを指示する仕様です。

 フォントの種類や文字の大きさ、色、行間の幅、修飾など、文書の見栄えに関する情報をひとまとめにします。

 あらかじめ複数のスタイルシートを作成しておくと、文書作成の度にいちいちレイアウトを編集しなくても、本文にスタイルシートを適用するだけで文書を作成することができます。

 また、伝票などの定型文書を作成する際に、同じスタイルシートを使うことで見栄えを統一することができます。

 インターネット上でのスタイルシートの利用は、主にHTML文書に対して行われています。

 HTML文書にスタイルシートを適用する際にはCSSという言語を使用し、複数のページから同じCSSファイルを参照することで、複数のページの見栄えを統一することができます。

 また、HTML文書の論理的な構造が把握しやすくなるほか、主に手書きでHTML文書を記述する際に、見栄えに関するデータを全部のページにいちいち記述する必要がなくなるというメリットがあります。

 ただし、古いブラウザには未対応のものがあり、また、ブラウザによって若干、動作が異なることがあるようです。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。