プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 WikiWikiは、ウェブブラウザを利用してWebサーバ上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステムの一種です。

 具体的には、Wikipediaを代表とするオンライン上で、誰でもコンテンツを作成し編集できるサイトの仕組みです。

 システムに使われるソフトウェア自体や、このシステムを利用して作成された文書群全体を指して呼ぶこともあります。

 ウィキウィキはハワイ語で「速い」を意味し、ウィキのページの作成更新の迅速なことを表しています。

 Wikipediaは、不特定多数のユーザがコンテンツを共作する百科事典のようなものです。

 検索エンジンから高い評価を受けているため、自サイトのバックリンクを張るためにコンテンツを作成する行為も多く見られます。

 SEOやSEMが当たり前の時代となり、それに変わるアクセスアップ手法として注目されています。

 現在ではまだ、日本はアメリカほどSNSやブログ以外のソーシャルメディアが確立されていませんが、今後Web界を席巻する可能性は十分に秘めています。

 SEOよりもSMOが効果を発揮することが増えてきているようです。

 SEOとSMOが共存する時代に突入していますが、ホームページから利益を上げるためにはSEO・SEM・SMOの全てが重要です。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 韓国ではサイワールドが大変な人気を誇っています。

 サイワールド(Cyworld)は、韓国のSKテレコムが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

 サイワールドの「サイ」は、サイバーと韓国語で「仲」という意味の「サイ」をかけたものです。

 1999年9月1日に、韓国でサービス開始し、その後何度かバージョンアップを重ね、2007年現在はVer.4.0です。

 2005年12月5日に日本で、2006年8月15日にアメリカでのサービスを開始しました。

 ほかに中国、台湾でもサービスを行っています。

 日本サイワールド株式会社が運営している日本語サイトです;

 http://jp.cyworld.com/

 利用者は1800万人で、実名を公開している人が多いようです。

 実に、韓国の総人口の約3分の1が参加しています。

 人と人を繋ぐ暖かい空間でありたいという考えで、思いやりと分かち合いの文化を育てるコミュニケーション・サイトを目指しています。

 mixiとは異なり、招待を必要としていません。

 誰でも会員登録できますが、日本国外からは会員登録することが出来ません。

 アカウントを持っていない人でも自由に個人のページを閲覧することができます。

 日本語版は、利用者が実名の公開をするかどうか選択できます。

----------

 ソウルでトッポッキが有名な町ってどこですか?

 韓国語を勉強しています^^ 韓国語が大好きなのですが…なかなか覚えられません。

 もーすぐ日本の生活を終わらせて韓国にかえりますが、帰る前に今まですごっくお世話になった友達や知人にあたしの気持ちをこもって何か伝えてあげたいと思います。

 いよいよ明日は待ちに待ったAndy 1stコンサートですね♪

 韓国いったらどこによく行きますか??

----------

 こういったコミュニケーションが交わされています。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 アメリカでは、MySpaceが最大のSNSです。

 2003年7月に開始され、運営会社はアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンタモニカにあり、親会社本社とバックアップサーバはニューヨークに置かれています。

 アメリカだけでなく、世界中に会員が存在します。

 日本では、エフ・アイ・エム・インターナショナルB.V.(ニューズ・コーポレーショングループ)とソフトバンクが提携し、2006年11月7から、マイスペース株式会社が運営しています。

 マイスペース・ジャパン;

 http://www.myspace.com/

 アメリカでは、マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが参加しており、若者に人気が高いのが特徴です。

 会員に対し、個々のプロフィールページ、ブログ、共通の話題を持つユーザと交流するグループ、音声ファイルや画像ファイルの公開、会員間でのメールの送受信など会員同士の親交を広げるサービスを提供しています。

 当初は主に10代の音楽マニアがコアユーザーとなっていましたが、20代をはじめ30代・40代の利用者も増加しています。

 MSN Spaces、 Friendster、 LiveJournal といった先行するライバルサイトを追い越して、数千万人分の登録アカウント数を擁しています。

 2008年5月10日現在で2億320万人分のアカウントがあることが発表されています。
 
 一日に23万アカウントずつ新規登録が増えていそうです。

 すごいですね。

 招待制はとっていません。

 誰でも登録してアカウントを作りプロフィールを公開することができます。

 プロフィールは会員でなくても閲覧が可能です。

 会員の種類として、ユーザとアーティストと2種類があります。

 アーティストは音声ファイルの公開、登録内容においてユーザと若干の差があります。

 機能や編集方法はほとんど同じです。

 会員同士の交流は、他のユーザには非公開のメッセージの送受信、プロフィールに文面や画像が載るコメント、フレンド全員にメッセージを送るブレティン(Bulletin)などでできます。

 興味のあるグループに入ることで、自分と似た関心を持つものと出会えるかもしれません。

 プロフィールのレイアウトをかなり自由にカスタマイズできることが、MySpace の大きな特徴です。

 個人に関する最低限の情報の公開と、多彩な自己主張を同時に実現しています。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、2004年の初期段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せていました。

 最近では、YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもニコニコ動画やAmebaVisionなど類似のものが相次いで開設されています。

 AmebaVisionは、サイバーエージェントが運営する動画共有サービスです。

 http://vision.ameba.jp/index.do

 もともとは動画配信サービスでしたが、2006年7月に投稿機能を追加しました。

 アップロード形式は、AVI、WMV、MPEG-4、MOV、3GPP、AMC、FLV、MPEG-1、3GP、3G2、VOBに対応しています。

 上限は100MB/1ファイル、1ユーザーあたりのファイル容量は2007年1月に無制限となりました。

 Ameba Vision 動画投稿サービスには、API 機能があります。

 現在提供されているAPI は、全て情報の参照を行うためのAPI になります。

 これにより、新着動画情報ならびに総投稿動画件数、動画情報詳細、人気のものから探す-視聴回数順、人気のものから探す-ユーザ評価順、人気のものから探す-コメント数順、キーワード検索-新着順、キーワード検索-視聴回数順、キーワード検索-ユーザ評価順、キーワード検索-コメント数順、タグ別動画一覧、ユーザ別動画一覧の各機能を利用することができます。

 投稿者はブログに開設している場合が多く、ブログを開設した時点で、AmebaVisionにも登録されています。

 逆に、AmebaVisionに登録しても、ブログに登録したことにもなります。

 また、モバイル版も公開されており、NTTドコモやauの最新機種(FOMA 700i・900i シリーズ以降、au CDMA 1X WIN)では動画を再生することができます。

----------

 アメーバブログには、ミスキャンブログ、芸能事務所ごとのブログスペースなどもあり、多くの著名人が利用しています。

 また連動する情報発信基地として原宿アメーバスタジオを持ち、毎回著名ゲストを読んで、公開生放送によるWEB配信を行なっています。

 利用するには登録が必要です。

 http://www.ameba.jp/

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、2004年の初期段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せていました。

 最近では、YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもニコニコ動画やAmebaVisionなど類似のものが相次いで開設されています。

 ニコニコ動画は、ニワンゴが提供している動画配信関連サービスです。

 http://www.nicovideo.jp/

 2008年1月21日の時点で、一般会員登録者数が500万人を越え、有料会員も17万4000人を突破しています。

 現在のニコニコ動画は、動画を直接アップロードするサービスそのものではなく、他の動画投稿サイトにアップロードされた動画を独自のコメント表示・投稿機能を通して観覧させるというものです。

 SMILEVIDEOに動画をアップロードするか、フォト蔵にアップロードした動画のURLをニコニコ動画に投稿することで、ニコニコ動画内でその動画を見ることができるシステムです。

 SMILEVIDEOはニコニコ動画専用のサイトであるため、アップロードするだけで自動的にニコニコ動画に登録されます。

 βサービスまではYouTubeにアップロードされた動画にも対応し、事実上、サイト上の大半の動画がYouTubeのものでした。

 しかし、ニコニコ動画からYouTubeのサーバーへのアクセスを完全に遮断されたため、βサービスは終了しました。

 アクセス数やトラフィックが爆発的に上昇し、YouTubeのサーバに多大な負荷がかかってしまったためのようです。

 その代替として用意されたのがSMILEVIDEOです。

 コニコ動画の最大の特徴がコメント機能です。

 コメントは動画再生中にコメントボタンを押すことで投稿順に記録され、投稿が成功した直後から投稿したタイミングから3秒間動画上に表示されます。

 閲覧者はチャットや掲示板のような時系列とは異なる非同期ライブを体感することができます。

 コメントに時間の概念を導入したことで、ニコニコ動画は従来の動画投稿には無い「利用者同士の一体感」を獲得することに成功しています。

 「コメントを表示しない」ボタンをチェックすることにより、すべてのコメントを一時的に非表示とすることも可能です。

 「マイメモリー」に動画を登録することでその時点のコメントを保存できます。

 カテゴリごとの再生回数およびコメント数、マイリスト登録人数(いずれも 新着 / 本日 / 週間 / 月間 / 合計 の5つの期間)のそれぞれでランキングがつけられており、人気のある動画が一目で分かるようになっています。

----------
 
 ニコニコ動画を利用するには、ID、パスワード、その他の情報の登録が必要です。

 また、携帯電話でも利用できる 「ニコニコ動画モバイル」もサービス中です。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、2004年の初期段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せていました。

 最近では、YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもニコニコ動画やAmebaVisionなど類似のものが相次いで開設されています。

 Flickrは、オンライン写真アルバムサービスであり、 写真を通じたソーシャルネットワーキングサービスです。

 専用のアップローダーやブックマークレットを使うことで、ユーザーは自分のPC等から簡単に写真をFlickrにアップロードできます。

 また写真に属性を付け加えることで、ユーザー同士が写真を介してつながりあうことも可能です。

 http://www.flickr.com/

 カナダ・ヴァンクーヴァーに本拠を持つルディコープ社(Ludicorp、2002年に創業)が2004年2月に開設しました。

 2005年3月、ルディコープ社とFlickrは米Yahoo!により買収されました。

 個人で撮った写真をウェブ上で整理・分類・展示しておけるほか、見知らぬ人と共有して互いにコメントを書き込むこともできます。

 誰かがアップした写真に、だれでも自由に「タグ」と呼ばれるキーワード(メタデータ)を付けて分類することができます。

 タグを通して他のユーザーとコミュニティを形成したり、タグをたどるうちに予想もしなかった写真に出くわす楽しさがあります。

 登録したユーザーに対し、Flickr内の写真に、タグと呼ばれるキーワードを付けて自由に分類することを許可しています。

 撮影場所、撮影対象などを表すタグがあることによって、何かについての画像を調べたい者は簡単にFlickrの中から画像を検索することができます。

 最も検索数の多いキーワードのタグをつけられた写真へすぐアクセスできるページも、多数備えています。

 人気のあるタグ、過去7日間に人気のあった写真 ユーザーが独自に作成したタグを許可することにより、多くのユーザーがタグ付けや奇抜なタグ作成、タグをたどった写真閲覧やコメント付け、コミュニティ形成にはまるようになり、「フォークソノミー」の最も効果的な例として挙げられるようになりました。

 各ユーザーのトップページに、複数のお気に入り写真のサムネイルを同じ標題のもとにまとめた「セット」を作ることも許可しています。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、2004年の初期段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せていました。

 その後、会員数が10万人あたりのころに、GREEにはまだ日記機能がなかったため、この機能のあったmixiに抜かれました。

 http://mixi.jp/

 mixiはソーシャルネットワーキングのサイトの最大手です。

 mix + i(私)、が命名の由来とされています。

 ユーザー1人あたりの滞在時間ではYahoo! Japanを抜き、国内首位になりました。

 mixiでは、直接の友人・知人をマイミクシィ(マイミク)として登録することができ、日記の更新などを簡単にチェックできます。

 mixiは、加入自体は無料です。

 フォトアルバムやアンケート、日記にHTMLタグを使うといった拡張機能が利用可能になる300円の有料オプション、mixiプレミアムもあります。

 mixiにユーザー登録するためには、すでに登録している知人・友人からメールで招待状を受け取らなければなりません。

 そのため、入会しているユーザーはみな誰かの知り合いである、という安心感があります。

 ただし、近年は、mixiに登録された実名を悪用される幾つかの事件が起こっているようです。

・日記機能

 自分で日記を書いたり、他サイトの日記・ブログをmixiで公開することもできます。

・コミュニティ機能

 参加者が自由に設立することができ、掲示板を作ったりイベントを企画したりできます。

・メッセージ機能

 参加者間でメールが送受信できます。

・mixiミュージック

 自分の聞いている曲をリアルタイムにリスト化して公開できます。

・mixiニュース

 主要なメディアから配信されるニュースを一覧でき、関連した日記を書くことができます。

・mixiモバイル

 携帯電話からmixiが利用できます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、2004年の初期段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せていました。

 http://www.gree.jp/

 ネーミングは、1960年代後半に提唱された社会学の「Six Degrees of Separation」理論の一部から取ったものです。

 これは「6次の隔たり」とも呼ばれ、世界中の人間は6次の友達関係を通じて全て繋がっているとする考え方のことです。

 そんな友達同士のつながりを楽しみたいという想いが込められています。
 
 GREEへの招待メールが届いたら、GREEでのコミュニケーションの始まりです。

 まず、招待メールに記載された登録用のURLをクリックしてプロフィールを登録します。

 GREEに用意されている様々な機能を使って楽しめます。

・プロフィールページ

 自分の顔写真、自己紹介などを登録して、あなたがどんな人なのか友達に分かりやすく表現するプロフィールが簡単に作成できます。

・日記

 ブログ風の画面で毎日簡単に日記を書くことができます。

・フォトアルバム

 最大200MBまでデジタルカメラや携帯電話で撮影した写真を掲載できます。

・レビュー

 本やCD、映画、デジタルグッズなど自分が持っているアイテムのレビューを掲載できます。

・コミュニティ

 共通の興味を持つ仲間で集まり、コミュニティを作ることができます。

・メール

 GREEユーザー同士の連絡には通常のEメールではなくGREE内のメール機能を使うので、迷惑メールなどをシャットアウトして簡単に連絡を取り合うことができます。

・GREEモバイル

 GREEの機能は全て携帯電話からも利用できます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 SNSは、mixiやMySpaceに代表されるソーシャルネットワーキングサービスです。

 オンライン上で展開するコミュニティサイトで、主な目的は、人と人とのコミュニケーションにあります。

 友人・知人間のコミュニケーションを促進する手段や場として、あるいは、趣味や嗜好、居住地域、出身校、友人の友人といった、自身と直接関係のない他人との繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供しています。

 人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないというシステムになっているサービスが多いですが、最近では誰でも自由に登録できるサービスも増えています。

 代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最大の会員数を持つmixi、世界最大の会員数を持つMySpaceがあります。

  日本では、以前から多くあった「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手く取り込み、一種のポータルサイトとして機能しつつあります。

 企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われています。

 日記記事やコメントが、ブログのように不特定多数の人の目に触れることがないのが、利点でもあり欠点でもあります。

 SNS内で繋がったネットワークにはブログにはない親密性があります。

 信頼関係が重要視されるSNSでは、宣伝目的のユーザは排除されていきます。

 最近では携帯電話にも応用され、さまざまな形でSNSは普及しています。

 自治体や非営利団体・企業等が運営する地域SNSも各地で立ち上がっています。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルメディアブログはいわゆるブログのことで、個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称です。

 Web日記は紙の日記と異なり、その内容が広く一般に公開されており、ほかのサイトからリンクされたり論評されたりします。

 従来から、有名人、社長、個人などの行動記録や身辺雑記など、様々な形態のブログ
サイトが流行りました。

 Web日記は独自の進化を遂げ、それまでの個人サイトでもない、紙の日記でもない新いメディアとして台頭しました。

 ブログでは個人の行動の記録は重視されず、世相や時事問題、専門的話題に関しての独自の情報や見解を掲載するという形式が主流となっています。

 また、ネット上で独自に見つけた面白いもの、変なもの、スクープなどを紹介し、そこにリンクを張って論評したり、街で見つけた話題を紹介するという記事も多く見られます。

 大きな事件や事故が起こった際に、地元の人や関係者、目撃者などが自分のブログに知っている情報を掲載することで、メディアを介さずに生の情報が流通するという事例も見られます。

 多くのブログには読者が記事にコメントを投稿して掲載できる掲示板的な機能が用意されています。

 また、別のブログの関連記事へリンクして相手の記事に自分の記事への逆リンクを掲載するトラックバック機能もあり、興味や話題ごとに著者同士や著者と読者によるコミュニティが形成されています。

 最近では、ブログによる口コミで情報が広がり、マスメディアが後追いでそのトピックを取り上げるという現象も起こっており、そういった面からもブログは新しいメディアとして注目されています。

 現在、次のようなブログが運営されています。

--- A ---
・Actiblog
・adiary rental blog
・Ameba Blog
・Amaban GO
・アニ専
・antena blog
・AOLダイアリー
・エリアブログ
・at-smile VideoBlog
・熱民
・@FlaBo
・アセラblog
・@WORD
・@Wiki
・au one ブログ
・Autopage
--- B ---
・B食倶楽部
・babylog
・バンコムブログ バニー
・B-Blog
・Bilog
・BLOCKBLOG
・Blog A Happy
・Blogari
・Blogchu
・BlogCity
・Blogger
・ぶろぐカキコ
・blogma
・Blogmaster
・ブログ民
・BLOGONE
・ブログッディーズ
・blogri
・ブログ通信
・bloguru
・Blogzine
・ブロくる
・BODYMAKER
--- C ---
・cafeblo
・CANPANブログ
・CAT-V Square
・チャンネル北国
・キャラブロ
・Cliplog
・ココログ
・Crafters
・CSCblog
・Cuddle Community
・CURURU
--- D ---
・デコブログ
・Diarynote
・Doblog
・Dokyun Blog
・DOLIBLO
・Dotblog
・ドリコムブログ
・DTI blog
--- E ---
・イーシティ
・エコたび
・EcycE
・エディタ
・enbiy
・eniblo
・ex5.blog
・エキサイトblog
--- F ---
・FC2BLOG
・Feecle
・FIDELI
・フォーダブルBLOG New
・フルーツブログ
--- G ---
・ゲームブログ
・5次元レンタルブログ
・Goo-net blog
・goo BLOG
・グループブログ
・グググロぶぅぅ
--- H ---
・ハイクブログ
・Haru.fm
・はてなダイアリー
・himatch
・HIP HOP 101 DA BLOG
--- I ---
・いぬblo
・i pet blog
・iZa
--- J ---
・JENS WeBlog
・じまブロ元気村
・JUGEM
・JUST BLOG
--- K ---
・関西どっとコムblog
・カラダカラノート
・歌詞GET BLOG
・ケロログ
・好日山荘ブログ
・クチコミュブログ
・クチログ
・くちなび
・クロブ
--- L ---
・ミセスブロガーズ
・LIMO
・livedoor Blog
終了Loope
・LOVELOG
・LYCOS
--- M ---
・maglog
・まぐまぐblog
・MARUTA
・みぶろぐ
・Media Wagon
・見て書いてブログ
・みてみてぶろぐ
・もごもご
・モグモグ
・モモブロ
・桃太郎王国@Blog
・mooi
・mooom.jp
・マイぷれす
・my Style blog
・Myu
--- N ---
・ナビータ
・Net4u
・NetLaputa
・Netrend BLOG
・News Handler
・のブログ
・nowa
・nskBLOG
--- O ---
・お絵かき部
・okinawaBBblog
・OLGA Blog
・ORICON BLOG
・おてもやん
・0YEN BLOG
--- P ---
・PachinkoVista
・パスナビブログ
・Pelogoo
・プチモールブログ
・PIYO
・PlayNC Blog
・ポケログ
・Press9
・PwBlog
--- Q ---
・Q-ring
・Qlepブログ
--- R ---
・らじろぐ
・RainBlog
・楽天広場
・Realog
・Rebass blog
・Rottel
--- S ---
・みんなの登山ブログ
・Sanriotown
・s-comu
・Seesaaブログ
・Shanghai Door
・ShardBlog
・信州FM
・市町村ブログ
・しえんた
・Slownet
・SLOWTOWN
・PRESS BLOG
・So-net blog
・sportsnavi+
・Sublime Blog
・SUKUSUKU blog
・syncl
・趣味ログ
--- T ---
・てぃぶろぐ
・てんこもり
・テニスブログ
・TXT
・TI-DA blog
・Timelog
・とばゲー
・トエル
・TRAVELOG
・tuny
・TVBLOG
--- U ---
・UGOUGO Blog
・Unow?
--- V ---
・VOX
--- W ---
・Wassr
・ウェブリブログ
・Windows Live Spaces
・wiwit Blog
・WWB
--- Y ---
・Yahooブログ
・YAMUCHA BLOG New
・ヤプログ
・ゆめブロ
--- 2 ---
・269g
・2ch Blog
--- 4 ---
・4Uツールズ

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルニュースは、アメリカの Digg を代表とする、ユーザ参加型のニュースサイトです。

 日本ではnewsing(ニューシング)やChoix(チョイックス)が有名です。

 Choix;

 http://www.choix.jp/

 Choix は、新しい情報や気になるニュースをブックマークし、それを他のユーザーと共有することで、話題の情報を見つけ出し、情報交換を行うことができるサービスです。

 「Choix」という名称は、フランス語で“選択”を意味する Choix に由来しており、「多くのユーザーが選択した情報が、まさに価値のある情報である」という考えに基づいています。

 Choix(チョイックス)は、ユーザーのチョイス(選択)によって記事の重要性が決まるというコンセプトの元に2006年7月に出発。

 Choixは、2008年3月新しくChoix2.0としてパワーアップ。

 毎日発信される膨大なニュース・ブログ・動画・写真・掲示板の情報を独自に集めて集計し今話題のキーワードをランキング形式で発表。

 忙しくてもChoixキーワードランキングさえチェックすれば、今何が話題になっているのかがすぐにわかります。

 「おもしろい!」「なるほど・・」と思った記事をクリックしてポイントをアップさせよう!

 「ポイント=みんなのおすすめ度」となって、メイン記事に表示されます。

 他のサイトと異なる「みんなが選んだ記事」がChoixには満載、だからChoixはおもしろい!

 「最近見た記事を一定時間保存し、ますます簡単・便利に記事の管理や保存ができるようになりました。

 また、ログインせずにポイントをつけたりコメントを書いたりすることができるので、今まで以上にChoixに参加することができます。

 新規登録&ログインはこちら;

 http://www.choix.jp/all

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルニュースは、アメリカの Digg を代表とする、ユーザ参加型のニュースサイトです。

 日本ではnewsing(ニューシング)やChoix(チョイックス)が有名です。

 newsing;

 http://newsing.jp/about

 newsing(ニューシング)は、ユーザーがピックアップした記事とコメントで構成される、国内最大級のユーザー参加型ニュースサイトです。

 newsingには、ニュースサイト、記事評価、記事をピックアップする、コメント、newsingモバイル、マイページの機能があります。

 ユーザーが掲載した記事が集まる場所がnewsing(ニューシング)です。

 またユーザーの評価やコメントによりニュースの注目度が一目でわかります。

 newsingを見れば、今いちばんホットな話題がわかります。

 この記事、おすすめ?それともがっかり?

 内容に賛成?反対?

 newsingはみんなの意志が集まるニュースサイトです。

 ニュースに物申すことができるニュースサイト、それがnewsingです。

 ステキなコメントには、NiceComment!を付けられます。

 気になった記事をnewsingに掲載していろんな人に見てもらうことができます。

 あなただけが知ってるステキなニュースやブログをみんなに教えてください。

 移動中のちょっとした空き時間があれば、newsingモバイルサイトにアクセス。

 URLはPCと同じ http://newsing.jp/です。

 QRコードからもアクセスできます。

 いつでも、どこでも、今いちばんホットなニュースがチェックできます。

 マイページでは、読んだ記事、コメントした記事、ピックアップした記事を簡単に確

認することができます。

 またお気に入り機能で、お気に入りユーザーを簡単にウォッチすることもできます。

 なお、一定の機能の利用には、ユーザ登録が必要です。

 http://newsing.jp/reg

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルニュースは、アメリカの Digg を代表とする、ユーザ参加型のニュースサイトです。

 Diggは、アメリカで2004年から提供されているユーザー参加型のニュースサイトです。

 Digg;

 http://digg.com/

 自分がインターネット上で見つけた興味深いニュースをリンクによって紹介し、他のDiggユーザーと共有することができます。

 ニュース記事を読んだユーザーは、その記事が面白ければ、投票によって支持を表明できます。

 一定数の支持票を得ると、そのニュース記事はDiggのトップページなどで目立つように表示されます。

 また、つまらないと感じたニュースには不支持票を投票することもできます。

 Diggでは編集者がおらず、ニュースの投稿や評価がすべてユーザーによって行われています。

 一般的なニュースサイトのような専門記者を置かず、一般のユーザーが作成・投稿します。

 ユーザの投稿したニュースに対して投稿を行い、ニュース情報の順位を決める仕組みになっています。

 各投稿ニュースに対してユーザがコメントを入力出来るため、投稿ニュースに対する議論を展開するなどユーザ主導で展開されるWeb2.0を代表するサービスです。

 一般的に、記事投稿はユーザ登録済の人が行うことができます。

 登録は、ユーザ名、Email、パスワードなどを登録して行います。

 日本ではnewsing(ニューシング)やChoix(チョイックス)が有名です。

 newsing;

 http://newsing.jp/about

 Choix;

 http://www.choix.jp/all

 日本では人気ソーシャルニュースサイトがまだ現れておらず、利用ユーザ数も少ないのが現状です。

 しかし、ソーシャルニュースには、毎日配信される数多くのニュースの中から、注目度の高いニュースだけを効率よく取得できるメリットがあります。

 これから、ますます注目されますそうですね。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルブックマーク利用者が増え、登録用のボタンを設置するブログやサイトが増えています。

 よく使うサイトのアドレスを登録しておく「ブックマーク」「お気に入り」をネットワーク上に保存し、他のユーザと共有するサービスです。

 Webブラウザのブックマーク機能とは別に提供されます。

 ユーザはツールバーなどを使って通常のブックマークと同じ感覚でサイトを登録することができます。

 ブラウザのブックマークはそのコンピュータでしか見られませんが、ブックマークサービスに登録した自分のブックマークはインターネットにつながっていればどのコンピュータからでも閲覧できます。

 ソーシャルブックマークは単純なオンラインブックマークサービスとは異なり、多くのユーザでブックマークを共有し、分類や人気度、コメント、解説などの情報を付加していくことに主眼が置かれます。

 最近のサービスでは、分類に、従来のWebディレクトリのような固定的・階層的な分類法ではなく、ユーザが自由に設定できるタグやフレーズを利用しているものが多くなっています。

 ユーザは登録時に一つのアドレスに複数の任意のタグをつけることができ、また、複数のユーザが一つのアドレスにタグをつけることができます。

 これにより、自分と同じ感心を持つユーザのブックマークを閲覧したり、自分の思いつかなかった切り口の共通点により新しいサイトを発見することができます。

 最初に知られたのは、米国のdel.icio.us(デリシャス)です。

 このサイトに行けば、このサイト上で自分好みのブックマークを作成したり、他人のブックマークを参照したりできます。

 2005年12月に米ヤフーに買収され、ソーシャル・ブックマークが注目を集めるようになりました。

 日本では、「はてなブックマーク」が代表的です。

 http://b.hatena.ne.jp/

 コミュニティーサイトの側面も強く、自分と同じウェブサイトのURLを登録している利用者を一覧表示する機能を提供しています。

 また、Buzzurl「バザール」もよく知られています。

 http://buzzurl.jp/

 ニュースに特化したソーシャルブックマークサービスです。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


SMO

 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルブックマーク利用者が増え、登録用のボタンを設置するブログやサイトが増えています。

 ブックマークボタンは、ソーシャルブックマーク利用ユーザに「ブックマーク」を思い出させる役目を果たせていれば十分なようです。

 ソーシャルニュースソーシャルニュースは、一般的なニュースサイトのような専門記者を置かず、一般のユーザーが作成・投稿するニュースサイトです。

 日本ではnewsing(ニューシング)やChoix(チョイックス)が有名です。

 アメリカではDiggが大流行して、ソーシャルニュースを使用したアクセスアップ法が一般的になっています。

 日本では人気ソーシャルニュースサイトがまだ現れておらず、利用ユーザ数も少ないのが現状です。

 しかし、ソーシャルニュースには、毎日配信される数多くのニュースの中から、注目度の高いニュースだけを効率よく取得できるメリットがあります。

 その他のソーシャルメディアブログブログは、いまさら説明するまでも無く、有名人、社長、個人など様々な形態のブログサイトが流行っています。

 SNSとはmixiに代表されるソーシャルネットワーキングサービスのことで、人と人との繋がりをオンライン上で展開するコミュニティサイトです。

 日記記事やコメントが、ブログのように不特定多数の人の目に触れることがないのが、利点でもあり欠点でもありますが、SNS内で繋がったネットワークにはブログにはない親密性があります。

 そのSNSを利用して宣伝行為を行うユーザを良く見かけますが、信頼関係が重要視されるSNSでは、宣伝目的のユーザは排除されていきます。

 WikiWikiとは、Wikipedia(ウィキペディア)を代表とするオンライン上で、誰でもコンテンツを作成し編集できるサイトの仕組みです。

 Wikipediaは、不特定多数のユーザがコンテンツを共作する百科事典のようなものですが、Wikipediaが検索エンジンから高評価を受けているため、自サイトのバックリンクを張るためにコンテンツを作成するスパムの様な行為も多く見られます。

 SEOやSEMが当たり前の時代となり、それに変わるアクセスアップ手法として注目されています。

 現在ではまだ、日本はアメリカほどSNSやブログ以外のソーシャルメディアが確立されていませんが、今後Web界を席巻する可能性は十分に秘めています。

 SEOよりもSMOが効果を発揮することが増えてきているようです。

 SEOとSMOが共存する時代に突入していますが、ホームページから利益を上げるためにはSEO・SEM・SMOの全てが重要です。

 日本でもアメリカ並みにソーシャルブックマークやソーシャルニュースが確立され、SMOがサイトを作る上での最重要課題となったとしても、ソーシャルメディアを利用する人数が検索エンジンを利用する人数を上回ることはありませんので、今後もSEO対策が必要な技術であることは間違いありません。

 しかし、SEOばかりに時間や労力を注いでしまい、競合サイトがSEOとSMOを併用していた場合、競合サイトに軍配が上がることは目に見えています。

 ソーシャルブックマークについて日本におけるSMOの核となっているのが、利用者急増中のソーシャルブックマークです。

 ブログ記事が、はてなブックマークやBuzzurl(バザール)のような大手ソーシャルブックマークサイトの人気・注目エントリーに掲載されればアクセス数は爆発的に増えていきます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。