プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 メタタグは、ホームページの<head>~</head>の間に、<meta ~>と記述する部分です。

 ブログでは、HTMLを書き換えることが可能なサイトと不可能なサイトがあります。

 ロボット型検索エンジンヒット率アップには欠かせません。

-------------------

 管理人のあるホームページから;

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta name="http-equiv" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta name="author"
content="ewpie22">
<meta name="robots" content="index,follow">
<meta name="keywords"
content="アクセス,アクセスアップ,access,accessup,・・・">
<meta name="description"
content="ホームページのアクセスアップの大技・小技を実際に使いながらいろいろ紹介">
<title>アクセスアップの大技・小技いろいろ・・・</title>
<STYLE TYPE="text/css">

 省略

</STYLE>
</HEAD>

-------------------

 <meta http-equiv="何々" content="何々">

 <meta name="何々" content="何々">

という2種類があります。http-equivの方は、最初にホームページが表示されるときの振る舞いやどんな文字コードを使っているかなどを記述します。

 ここでは省略します。

 SEO対策に関係するのは、nameの方です。

 この部分の記述で、そのページの情報

・著者

・キーワード

・内容

が記述されます。

 そのほとんどは、自動巡回の検索ロボットへ向けた内容になります。

 google全盛の今では、必要な記述にちがいありません。

 <meta name="Author" content="著作者名">

 <meta name="Keywords" content="キーワード">

 <meta name="Description" content="ページの内容">

 <meta name="Robots" content="検索ロボット制御">

 これによって、検索ロボットをコントロールできます。

--------------------

・著作者名;

 運用主である会社や個人名を記すタグです。

 SEO対策上では不要タグの一種ですが、ブラウザによっては管理者連絡先として表示されることもあります。

・キーワード;

 SEO対策上きわめて重要な部分です。

 複数記述する場合は ,(半角カンマ)で区切ります。

 例; アクセス,アクセスアップ,access,accessup

 検索エンジンが検索候補を抽出するために用意されているので積極的に使うべきです。

 使い方;

 基本的に、ページ内で使用していないキーワードを書いてはいけない

 基本的に、「文章」であってはならない

 基本的に、「大量」に書いてはいけない

 いずれも例外があるようですが、この書き方に沿って記述した方がよいようです。

 キーワードタグはSEOスパムに流用しやすいので、検索エンジンは度々仕様変更を行っています。

 おり、機械的な施策の多くは無効化される流れにあります。

・ページの内容;

 ページの紹介文や説明文を記述します。

 管理人のホームページでも、検索結果によく記述されています。

 使い方;

 絶対的に、複数のページで同一の内容を使用してはいけない。

 このルールに反すると後にアップしたページは重複判定を受けてインデックスから消されてしまうことがあるようです。

 この部分は以前はSEOの効果が高かったそうですが、いまではあまり効果はないようです。

 トップページ以外は書く必要はないかもしれません。

・検索ロボット制御

 検索エンジンの取り込み=クロールを許可したり拒否したりできます。

 許可:index,follow

 拒否:noindex,nofollow

 ただし実際には、あまりせいぎょの効果はなく、クロールするものはしますししないものはしないようです。

--------------------

タイトル

 ページのタイトルです。

 メタタグではありませんが、SEO対策上重要な部分です。

 タイトルに書かれた内容は、ブラウザ上部と検索結果に表示されます。

 書き順だけで順位が変動するほど影響力が強いようです。

 使い方;

 絶対的に、半角カナ文字を使用してはいけない

 技法ルールとして、全角60文字を超えてはいけない

 効果的な使い方(常套手段)

 店舗名に加えて業種や商品名なども付記する

 地域名を必ず入れる

 接続語をなるべく用いず一句で書く

 基本的に、優先したいキーワードを先に記述する
スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト

タグ : メタタグ タイトル ホームページ ブログ 検索エンジン ヒット率


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。