プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ホームページではタイトルは、ヘッダー部の中の

 <title>タイトル</title>

に書きます。

 ブログではタイトルの入力欄に入力します。

 検索エンジンはまず「タイトル」からサイトのキーワードを入手するようです。

 したがって、とても重要な部分です。

 キーワードとなりますので、工夫した付け方をするかどうかで、検索順位は大いに変わってきます。

 まず、Googleで検索回数が多く検索結果数値が少ないものがキーワードとして好ましいようです。

 キーワードアドバイスツールが役に立ちますね。

--------------------

 


キーワードアドバイスツールプラス

Powered by
SEO






--------------------

 月間検索回数(予測値です)とGoogle・Yahoo検索結果KEIはキーワード有効性指標といわれ、数値が大きいほど狙い目のようです。

*KEI=月間検索回数の2乗 ÷ 結果件数

 そして決まったら、タイトルの左から順番にキーワードを付けます。

・左にはよく検索されるキーワードを付けます。

タイトルの真ん中にはその情報の属性にあったキーワードを付けます。

・タイトルの最後には競争相手が少ないキーワードを付けます。

 この3点がとても大切なようです。

 そして、覚えやすくインパクトのあるタイトルになるように工夫が必要なようです。

 なお、 キーワードを含んだ文章は

 <h>

タグを使うことでよりロボットにアピールする事ができるといわれています。

 管理人はかつてページタイトルをサイト名にしてすべて同じにしていました。

 タイトルを同じにすると、検索エンジンはページ内容が同一と判断し、検索結果から似たページが省略されてしまう可能性があるようです。

 いまタイトルの再検討と付け直しをやっています。

 ページをたくさん作るのに面倒だったのが理由ですが、最初から意識してタイトル付けをやっておけばよかったと思います。

 無意味な記号や長すぎるタイトルは問題があるようです。

 ■●#などの記号は目立ったとしても、検索エンジンには無益な情報のようです。

 また、タイトルは適度な長さが必要であまりに長いタイトルは一定の文字数を超えた部分は検索結果から省略されるようです。
スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト

タグ : タイトル ヘッダー部 キーワード 検索エンジン ブログ 登録 ホームページ ロボット型 google SEO対策


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。