プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 メルザムは、メールマガジンの読者増を目的としたシステムです。

 →メルザム

 あるメルマガ発行者が、読者数の増加を目的として無料のe-Bookを作成して登録します。

 多くはPDFの形式で作成されます。

 それをメルザムのサイトで見て、別のメルマガ発行者がメルマガの中で紹介します。

 仕組みはメルぞうとよく見ていますが、協賛メルマガの購読がない点が異なっています。

 あまり希望しないメルマガの登録がない分、購読者を集めやすいと思います。

 ただし、メルマガ『Xam通信』には代理登録されます。

 メルマガを読んだ購読者がPDFをダウンロードすると、

 購読者の登録は、自動登録、もしくは発行者よりメルマガ代理登録されます。

-------------------

 このPDFの中に文章に混ぜて自分のサイトのURLを載せておくと、アクセスを呼び込むこともできます。

 メルマガ発行者にとっては、購読者の増加とアクセスの増加をはかれることになります。

-------------------

 このPDF作成者はすでにたくさんいます。

 全て(1590)
 ネットビジネス(769)
 音声セミナー(1)
 音楽(13)
 インターネット・パソコン(174)
 マネー(95)
 恋愛・結婚(101)
 語学・資格(62)
 ビジネス・キャリア(108)
 生活情報(73)
 アート・文芸(11)
 エンターテイメント(43)
 ファッション・美容(52)
 グルメ・レシピ(8)
 スポーツ・アウトドア(13)
 クルマ・バイク(4)
 教育・研究(21)
 旅行・おでかけ(4)
 その他(38)

-------------------

 利用する方は、規約をお読みください。

 →メルザム

 ほかに、「メルぞう」「まぐぞう」「ブロぞう」などがあります。

 →メルぞう

 →まぐぞう

 →ブロぞう

 
スポンサーサイト

テーマ : これ知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 メルぞうは、メールマガジンの読者増を目的としたシステムです。

 →メルぞう

 あるマルマガ発行者が、読者数の増加を目的として無料のe-Bookを作成して登録します。

 多くはPDFの形式で作成されます。

 それをメルぞうのサイトで見て、別のメルマガ発行者がメルマガの中で紹介します。

 メルマガを読んだ購読者がPDFをダウンロードすると、

 購読者は、

 提供者のメルマガと協賛メルマガを購読することになります。

 協賛メルマガは4~5のリストから2つ以上のメルマガを選択して購読します。

 購読者の登録は、自動登録、もしくは発行者よりメルマガ代理登録されます。

-------------------

 このPDFの中に文章に混ぜて自分のサイトのURLを載せておくと、アクセスを呼び込むこともできます。

 メルマガ発行者にとっては、購読者の増加とアクセスの増加をはかれることになります。

-------------------

 このPDF作成者はすでにたくさんいます。

 全て(6066)
 音楽配信(12)
 ネットビジネス(2477)
 ニュース・情報源(111)
 ビジネス・キャリア(572)
 マネー(421)
 ギャンブル(207)
 語学・資格(266)
 インターネット・パソコン(478)
 生活情報(267)
 行政・政治・地域情報(5)
 教育・研究(143)
 日記・ノンジャンル(23)
 エンターテイメント(101)
 ファッション・美容(174)
 恋愛・結婚(363)
 グルメ・レシピ(20)
 アート・文芸(25)
 スポーツ・アウトドア(67)
 クルマ・バイク(30)
 旅行・おでかけ(42)
 医療・健康(205)
 その他(57)

-------------------

 毎日、いくつもPDFが増えています。

 利用する方は、規約をお読みください。

 →メルぞう

 ほかに、「メルザム」「まぐぞう」「ブロぞう」などがあります。

 →メルザム

 →まぐぞう

 →ブロぞう

 

テーマ : ☆★おすすめっ★☆ - ジャンル : アフィリエイト


バックリンクに関する5つの重大な俗説 著 者: 鈴木淳

サーチエンジンの最適化キャンペーンに関して、わたしたちは皆、バックリンクの重要性を理解しています。
しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。

事実は、一部のリンク方式が検索エンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。
具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。

1.開設したばかりのWebサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。
新しく作成されたWebサイトに多数のバックリンクが張られている
- 検索エンジンはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、 “レッド・フラグ”と見なします。

短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。
これは、多くの人が信じている、健全なアーティクル・マーケティング戦術とは正反対です。
つまり、できるかぎり毎日、アーティクルを発行する方法です。
取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度記事を発行することです。

検索エンジンのレーダーに引っかからないように、バックリンクの増加を制御してください。
ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいWebサイトにのみ適用されます。
数年前から存在する古いWebサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。

2.相互リンクは問題ありませんが、あまりに多すぎるとWebサイトにペナルティが課せられます。
検索エンジンは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。
検索エンジン・スパイダーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。
良質なコンテンツが認められ、本当に必要とされてバックリンクが設定されるのではなく、
単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。
また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のWebサイトを作成して、自分でリンクを設定するケースもあります。

3.リンク・ページに記載されているリンクは、コンテンツ本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。
異なる種類のリンクが掲載されているページには、バックリンクを配置しないでください。
目指すべき最もよいことは、コンテンツ自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。

4.ページランクが同様に高い複数のWebサイトで管理されているリンクは、危険です。
ほとんどのWebマスターは、ページランク5以上のWebサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。
しかし、それらすべてのリンクが高ランクのWebサイト・グループから張られている場合、検索エンジンは、
単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。
ページランクがそれぞれ異なる、さまざまなWebサイトからリンクが張られるようにしてください。

5.同様に、記述が同じであるリンクも検索エンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。
リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。
これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであると検索エンジンが判断するようになります。

検索エンジン最適化(SEO)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。
これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。
読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。

では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。

つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。
どのSEO手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。

私たちが見聞きするルールは推論の結果です。

検索エンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索エンジンの関係者だけです。

そう、SEO手法はすべて推測にすぎません。

あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。

===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================

テーマ : アフィリエイト全般 - ジャンル : アフィリエイト


文章の自動作成と最先端技術 著 者: 鈴木淳

SEOの本質を間違って解釈するとビジネスにおいて大きな失敗を犯しかねない。

SEOとは、「検索エンジン最適化」という意味ですが
検索エンジン最適化とは機械に最適化するという間違った解釈をしている人が非常に多いように思えます。

検索エンジン最適化の本質とは、検索エンジンが本来求めている情報を提供するという事に他ならない。
つまり、キーワード検索する人に対して良質で価値ある情報リソースを提供する事が最優先されるという事です。

昨今では、SEOやグーグルアドセンスの支援策として様々なツールがリリースされているようです。
それは、とても喜ばしい事であると思いますが本質を忘れてはいけないと思います。

機械に作業させるべき事と人間が手をかけるべき事の役割分担を間違ってはいけないという事です。

ウェブページを大量に作成するツールや機械的に文章を増加させるツールなど、今やSEOの常套手段として持てはやされているようです。

しかし

機械的に自動作成、自動増幅させた文章がSEO的に有効に働くのは、せいぜいあと1年くらいであると私は考えます。

最先端技術を甘く見てはいけないという事実を証明します。
東芝の2006年最新技術情報をご覧下さい。
http://www.toshiba.co.jp/rdc/rd/detail_j/0601_01.htm

以下最も重要な点を上記URLから引用します。

---------------------------------------------------------
当センターでは,以前よりオントロジーの整理に取り組んでおり,
現在,約10万概念を有する日本語オントロジーと,日本語を含むオントロジーを高速に検索し,
操作するためのライブラリの開発を進めています。

中略~

ユビdeコミミハサンダーとは,携帯電話のカメラで商品のバーコードをスキャンすると,
インターネットから商品のメタデータを取得し,関連するブログ*1を収集し,
その商品の口コミ情報をリアルタイムでユーザに提示するものです。
例えば,ユーザがある本のバーコードをピッとスキャンすると,JANまたはISBNのバーコードから,
本のタイトルや出版社,著者といった情報を取得し,関連するブログを収集します。

次に,オントロジーを参照しながらブログの中身を解析し,ユーザの評判情報を提示します。(ポジティブ・ネガティブ判定機能)
同時に,他の関連商品で話題となっているものを提示します。(ホットトピック抽出機能)
そして,最後に有用と思われるブログをいくつか表示します。(ソート&フィルタリング機能)

---------------------------------------------------------

上記の技術をかいつまんで説明するとオントロジー(以下アーティクル参照)によって情報提供技術が飛躍的に向上する事を示唆しています。
http://www.viralarticle.com/article575.html

例えば、ある商品についてのクチコミ情報を調べようとした時に
その商品名からメタデーターを抽出しウェブページ、ブログなどから良質なクチコミ情報を抽出していきます。
ブログの記事、トラックバックやコメントの相関関係その他情報からポジティブ・ネガティブ判定機能などを実現させています。

これらの技術が本格的に導入されるのは時間の問題だと思います。

つまり、

人が人の為に提供した情報こそが真の価値ある良質なソースであり

機械の為に最適化した一時的な策略が全くと言っていいほど意味を成さなくなる日は
決して遠くは無いという事です。

英語圏にも、使い方を間違うと非常に危険でグレーなツールが沢山存在します。

複数の他の人が書いたブログに対してコメントやトラックバックを自動的に発動するツール
シュリンカーと呼ばれる文章改ざん自動増幅ツール
スパム判定ギリギリの網の目を掻い潜るようなバックリンク(被リンク)ジェネレーターなどなど

これらのツール全てがグレーで使い物にならない分けではありません。

しかし、その多くはインタネットマーケターが売り逃げする事を前提に作られた
その場限りの商品が大半を占めるという事実も見逃してはいけないと私は考えます。

2006年2月の時点で全世界には静的ウェブページだけでも120億ページが存在すると推定されています。
次世代の情報検索に強く求めれれるのは、的確に良質な情報だけを抽出するという技術です。

文章量もウェブページ数も質より量が全てであると煽っているのは、
専門的知識を持った技術者では無く一部の限られたインターネットマーケターでは無いかと思います。

悪戯に増加させたウェブページや文章の多くがサーチエンジンインデックスから簡単に排除されるようになる事は間違いありません。

===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================

テーマ : アフィリエイト~はじめの第一歩~ - ジャンル : アフィリエイト


 アーティクルマーケティング(Article Marketing)とは、あるテーマについて記事=アーティクルを書き、その記事の中に商品名・会社名・URL等を記述して、それを無料で別のサイトやブログ、eZinesといった記事投稿サイトに投稿することで集客する方法のことです。

 ふつうは、しこしこと1つづつ投稿していますね。

 アーティクルマーケティングのキーポイントは、

・商品・サービスの売り込みよりも、役に立つ情報を提供することに徹する

・ユーザーの(あなたに対する)信頼を確実なものにする

・役に立つ情報を無料で提供する

・ユーザーがフリーレポート・ニュースレターを定期購読できるシステムを作る

・問い合わせ先の情報(URL・メールアドレス)をユーザーに必ず提供することのようです。

 出典: Using Article Marketing to Establish Trust

--------------------

 これをシステム化したものに、ヴァイラルマーケティングがあります。

 元になっているのは、アーティクルマーケティングの考え方です。

 ヴァイラルマーケティング(Viralarticle Marketing)は、アーティクルマーケティングの拠点を無料でフル活用して、ウェブサイトへ自動増殖する訪問者を送り込む方法です。

 2006年9月19日に日本に初登場しました。

 →ヴァイラルマーケティング

 記事作者(作家)、記事紹介者(紹介者)、読者の三者が無料でお互いにWin-Win-Winの関係で利用できるサービスです。

 アーティクルを書く人、利用する人どちらにもメリットがあります。

 ホームページもブログも、コンテンツが肝腎です。

 でもふだん記事を書く側として、優良な記事を求める読者に対して毎回毎回記事を作るのは厳しいですね。

 何回に1回はいい記事があって紹介するだけでよかったら、ずいぶん楽になります。

--------------------
 
 そこで、いい記事を探して掲載できたら・・・。

 ヴァイラルマーケティングでは、作家は記事を書いてヴァイラルマーケティングに投稿します。

 それを読んで気に入ったメンバー=読者が、自分のホームページやブログでその記事を紹介します。

 この読者=記事紹介者がたくさん増えれば、記事があちらこちらに出回り、クリックされる機会が増えていきます。

--------------------

 優良な記事を転載できるサービスを無料で提供することで記事作者-記事紹介者-読者のWin-Win-Winの関係を築こうというのがヴァイラル・アーティクルです。

 ヴァイラル・アーティクルでは、2つの立場の利用規格が決められています。

・アーティクル(記事)を書く人→アーサー(作家)

・アーティクル(記事)を転載する人→パブリッシャー(出版者(利用者))

<アーティクルを無料で書く人>

 情報ビジネスだけに限らずあらゆるジャンルで自分の詳しい分野についてA4用紙1枚から2枚ぐらいの長さのアーティクル(記事)を書きます。そして、そのアーティクルの一番下に自分の名前とURLを入れた署名を掲載します。

 アフィリエイトリンクを入れるのは御法度です。

 基本的には特定な商品の紹介をした場合はマーチャントのダイレクトURLを入れます。

 もし、アファイリエイトプロモーションを行いたければリソース欄に自分のドメイン内に設置したウェブサイトへ誘導して、そこからアファイリエイトページへ誘導してください。

<アーティクルを無料で利用する人>

 無料で書かれたテキスト形式のアーティクルを自由にブログ・メルマガ・ウェブコンテンツなどとして活用します。

 ただし、書いた人の署名を削除することもアーティクルを編集することも出来ません。

<両者を引き合わせるハブ的ウェブサイト>

 ハイ!この両者を引き合わせるハブ的ウェブサイトをアーティクルディレクトリーといいます。

 これがヴァイラルアーティクルです。

--------------------

 アーティクルを無料で書く人は、署名欄にはURLが入っているのでヴァイラル的にクリックを発生させることが可能となります。

 特に、メルマガのコンテンツ、ブログなどのコンテンツに利用してもらうことであなたのリンクがインタネット上に氾濫します。

 アーティクルを無料で利用する人は、アーティクルディレクトリーで内容を確認してからめがねにかなったアーティクルを利用できるのでリスクがありません。

 あなたがアドセンスをやっているとしたら、キーワードごとの人間が書いたコンテンツを即!活用できるメリットは計り知れないでしょう。

 両者のWin – Win – Winの関係ができるという訳です。

 まずはヴァイラルアーティクルの利用規約を読む!

 どちらで活用するにもまずはヴァイラルアーティクルの無料ユーザー登録が必要です。

 下記リンクからどうぞ。

 登録(無料)
 
 →ヴァイラルマーケティングの登録はこちらへ

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 前回、石田 健 さんの分析をご紹介しましたが、従来のSEOでは全く歯が立たなくなっているのが、現在のYSTアルゴのようです。

 石田 健 SEO/アフィリエイト音声セミナー!マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論

-------------------

 検索エンジンのアルゴリズムは定期的に見直しされ、改訂を繰り返しているようです。

 いままで一部でYSTは、YAHOO!JAPANカテゴリに登録されているサイトは、YST対策に効果的だと言われてきました。

 でも、必ずしもそうではなかったようです。

 サイトはたくさんありますので、全てを満足させることはできないからです。

 最近のアルゴリズムの変化で、YAHOO!JAPANカテゴリに登録されているサイト最強説が信憑性をましてきました。

 YST対策には、YAHOO!JAPANカテゴリ登録は欠かせないようです。

 みなさんはどうお考えですか?

 順位を上げたければ、ビジネスエクスプレスに投資してでもカテゴリ登録すべきだという説もあるようです。

--------------------

 YST(Yahoo Search Technology)は HITS を重視していると言われているようです。

 HITS(Hyperlink-Induced Topic Search)は、キーワード検索の時に、Webページを特徴付けるハイパーリンクを重要視するということのようです。

 重要なページにリンクされているページは、やはり重要であるというアルゴリズムです。

 GoogleのPageRankと同様ですね。

 特徴的なのは、ハブ(Hub)とオーソリティ(Authority)というコンセプトのようです。

 この点が Google の PageRank と若干異なるようです。

--------------------

・ハブとは

 あるトピックについて、関連するページへ多くリンクを発しているページは情報連絡網として役に立つ。

・オーソリティとは

 多くのハブページからリンクされているページは、そのトピックの情報について権威があると認められる。

--------------------

 これはSEOの基本ですね。

 たびたびあるアルゴリズムの改訂に右往左往するより、基本に忠実にやるのが結局はよいのでしょうか?

テーマ : 知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 殿堂入りのメルマガ 毎日1分!英字新聞 や 年収1億!稼ぎの構造 の発行者 石田 健 さんの分析です。

 石田 健 SEO/アフィリエイト音声セミナー!マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論

 従来のSEOでは全く歯が立たなくなっているのが、現在のYSTアルゴです。

 例えば、相互リンクを300件、1週間以内に成立させたら、高い可能性であなたのサイトはヤフーの検索結果から消滅します。

 自分の手持ちのサイトの全ページから、ある特定のページへリンクを大量に集めた2日後、あなたの「特定のサイト」がヤフーから消滅していることに気付いて愕然とするでしょう。

 1万ページにリンクを一瞬で貼ってくれるようなSEOサービス使いますと、一時的にはGoogleで上位に出ますが、すぐに消えます。石田レポート 年収1億!稼ぎの構造 ビジネス・キャリア>ネットビジネス>ネットマーケティング サラリーマンを続けることは最大のリスクだ。<稼ぎの構造>を絶えず生成すること。SEO、アフィリエイト、情報販売を通してミリオネアになるための方法論。

 インフォプレナーとして「億」を稼ぐ石田が、あなたの後頭部に突き刺さっているプラグを外すよ。

 ヤフーにいたっては最初から出ません。

 泣くしかないですね。

 僕は、これら全てを経験しています。

 ものすごいお金を投資して、リンクを買いまくった結果、サイトが蒸発してしまう経験をしました。

 つまり、今必要なのはナチュラルな被リンク構造です。

 自然な被リンク構造。

 それがいかにして生成されるか?それだけをここ半年間ずっと考えていました。

 分かっていることは、本当にナチュラルな被リンク構造を獲得するには何ヶ月、いや、何年も時間を必要とします。

 例えば僕の「毎日1分!英字新聞」サイトが「英字新聞」で検索すると常に、ヤフー、Googleで3位以内に表示されているケース。これがナチュラルな状態です。

 しかし、それはSEOとはいえません。

 SEOは、意図的に、特定のサイトを上位表示することです。

 ふむ。

 SEOとは、意図的に、特定のサイトを上位表示すること。

 しかし、ある「意図」に基づいた被リンク構造を、アルゴに見破られた瞬間、あなたはペナルティを受け、圏外にすっ飛ぶ可能性を常に獲得することになります。

 この矛盾をどのように解消するか、ここに僕の考察は釘付けになります。

 そこで考えました。いかにこちら側の「意図」を隠蔽するか。

 あなたの「意図」の「隠蔽」。

 マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論は、「意図」を隠蔽します。

 <犯行現場>から証拠を隠蔽します。

 というか、犯人の「意図」をロボットに見えないようにします。

 いかにしてそのようなことが可能なのか?

 石田 健 SEO/アフィリエイト音声セミナー!マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論

 ★マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論とは?

 ★一極集中から分散へ。バラバラとはどういうことか?

 ★アフィリエイトで稼げない人の共通の特徴

 ★SEO的な思考方法とは一体どういうものか?
 
 ★アフィリエイトの成約率を高める秘策

 ★リンクを買う、とはどういうことか?

 ★アフィリエイトにおける目標の決め方

 ★スーパーアフィリエイターになるための1日の仕事の段取り

 石田 健 SEO/アフィリエイト音声セミナー!マシンガンブログ乱射バラバラ殺人理論

 つまり、お分かりのように、単なるSEOのモデルを提供するのみならず、<稼ぎの構造>を作り出すための具体的な仕事の進め方マインドセット、目標設定のやり方まで全て書いています。

 (話しています)。

テーマ : ☆★おすすめっ★☆ - ジャンル : アフィリエイト


 ふつうのランキングサイトでは、サイトに登録してラキングに参加し、自分のページにランキングに投票するバナーなどを配置して、自分やページの訪問者が投票を行い、ページのランキングサイト内の順位によって自分のページが上位に表示されれば、アクセスを呼び込むことができます。

 この場合、ランキングの順位そのものはランキングサイトで公開されます。

 ふつうのランキング参加は一方的なアクセスを流すだけですので、一日数件~数十件程度のアクセスしか来訪者がありません。

--------------------

 これに対して逆アクセスランキングでは、ランキングの順位そのものの表を自分のページで紹介します。

 このようなものです。

 ranking.jpg


 いわば、自分のページが小さなアクセスランキングの運営サイトになるようなものです。

 同じようなサイト同士でアクセスランキングを運営して、お互いにアクセスを送り込めればよいのです。
 
 ある特定のサイトにアクセスを送り込めば、そのサイトで自分のサイトが上位に表示されます。

 ここでのランキング上位表示は、ふつうのランキングサイトほど”しんどく”ありません。

 そして上位に紹介されたサイトは、注目されますので、逆に、そのサイトから自分のサイトにアクセスを期待できます。

 こうして数百サイトをリンクすれば、一日数千アクセスの戻りが発生する可能性があります。

--------------------

 運営は次のように行います。

 まず、リンクを希望するサイトから当サイトへリンクを張ってもらいます。

 この場合申請などの申込みは不要で、勝手にトップページにリンクを張るだけで手軽に参加できます。

 そして、リンクを張ったサイトから当サイトへアクセスがあった場合、自動的にそのサイトのカウントが加算される仕組みです。

 自分のページへより多くのアクセスを送ってくれるリンク元サイトをランキング上位で紹介させることにより、簡単に効率的な相互リンクを実現することができます。

--------------------

・既存の逆アクセスランキングに参加する場合;

 募集中のページを検索して参加します。

 検索エンジンで、「逆アクセスランキング参加サイト募集」と検索すると探せます。

--------------------

・自分で逆アクセスランキングを運営したい場合;

 運営用のツールを入手しサイトに設置して行います。

 ツール(無料)は次のようなところで入手できます。  
 
 ACR WEB-アクセス解析レンタル

  →[ 申し込みページ ]

 CJ-Club

  →[ ダウンロードページ

 i2i無料レンタルWebパーツ

  → [ 申し込みページ ]


 さいきんMTが話題ですね。

 管理人はまだ使っていませんが、近いうちに導入するつもりです。

 MTはSix Apart(シックスアパート)社が提供するウェブログ(Weblog)システムの略語です。

 ブログといえば、楽天、ヤフー、FC2やSeesaaなどが有名ですが、これらはそれぞれの企業がそのポリシーで運用しています。

 それぞれがきわめて有用なサイトですが、運用は各企業任せですので、制約もいろいろあります。

 そこで、このブログのシステムを自分で運用することが、このMTで比較的かんたんにできるようになったのです。

 アフィリエイトを含めて個人利用には無償で提供されます。

 シックス・アパート;

 →MTソフトの無償ダウンロードはこちらへ

 自分のサーバーにインストールして使うのです。

 インストールについて;

 →インストール法の無償ダウンロードはこちらへ

 分かりやすくかかれています。

--------------------

 これによってどうなるのか?

 ですが、

・ホームページ作成ソフトで1つ1つページを作ると、ページ制作メニュー作成や運用・管理にとても時間がかかります。

・たとえばボタン1つで、ブログのデザインを簡単に変えることができるようになります。

・ブログはワープロ感覚で”ホームページ”が作れますし、それさえ作れば運用・管理面は各種の機能が備わっていますのでとても楽です。

 ユーザがWebブラウザから投稿した記事をRDBMSで構築されたデータベースに保存し、あらかじめ用意されたテンプレートファイルを元にページを生成します。

 月ごとやカテゴリーごとの記事の一覧なども自動的に生成します。

 カレンダーやコメント投稿欄、トラックバックなどウェブログに必要とされる一連の機能も提供されます。

 ユーザが機能を追加できる「プラグイン」という機構が用意されていて、世界中のプログラマが様々なプラグインを開発・公開しています。

 そして、自分のサーバーで自分で運用できますので、複数のブログを一つのサーバーで管理できるようになります。

・つまり、作りたいホームページがブログ感覚で”らくらく”できることになります。

・ホームページの量産も可能になります。

 ホームページをブログ感覚でを複数作成する場合に作業の効率化を考えるならMTを使用した方がいいでしょう。

 しかも、

・SEOに効果的なMT(MovableType)用のテンプレートが配布しています。

・自分でいちいちやらなくても、最初から最適なテンプレートが配布されています。

 →MTソフトの無償ダウンロードはこちらへ

 アフィリエイトを含めて個人利用には無償で提供されます。

 なお、商用の場合は3万円ほどかかります。

テーマ : お役立ちツール&情報 - ジャンル : アフィリエイト


 作ったサイトをYahoo!やGoogleのロボット型検索エンジンに登録するには、サイトマップが必要になります。

 Googleサイトマップを作成するには、Googleアカウント(無料)が必要です。

 アカウントを取得してご利用ください。

 →アカウント作成はこちらへ

 サイトマップというと自分のHTMLなどで作ったホームページのサイトマップのように思いますが、いろいろなサイトでよく見るサイトマップと違っています。

 次のようなものです。

-------------------

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset
xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84
http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84/sitemap.xsd">

<url>
<loc>http://www.sample.co.jp/</loc>
<priority>0.5</priority>
<changefreq>daily</changefreq>
</url>
<url>
<loc>http://www.sample.co.jp/aa/</loc>
<priority>0.5</priority>
<changefreq>daily</changefreq>
</url>
<url>
<loc>http://www.sample.co.jp/bb/</loc>
<priority>0.5</priority>
<changefreq>daily</changefreq>
</url>
</urlset>

-------------------

 ファイル名は、

 xxx.xml

 として保存します(xxxはたとえばsitemapなどの自分が付けた名前です)。

 これは、いわば検索エンジンロボット用のサイトマップです。

-------------------

 作る方法には、

・自分で手打ちする

・ウェブツールに作ってもらう

・DreamWeaverなどに作成させる

などがあります。

-------------------

 ここでは、ウェブツールに作ってもらう方法をご紹介します。

 次のような順序で行います。

・Googleサイトマップに登録するサイトマップファイルを作成します。

・サイトマップファイルをルートディレクトリにアップロードします。

・アカウントを取得したGoogleサイトマップにサイト及びサイトマップを追加します。

・サイトのオーナー確認を行います。

-------------------

 サイトマップができれば、自分のホームページやブログをすべて正確に見てもらうことができます。

 このうち、サイトマップファイル作成の部分ですが、ここではサイトマップラスを活用してみます。

 サイトマップラスを使えば最も苦労するサイトマップファイルの作成が簡単になるため、すぐにGoogleサイトマップが利用できるようになります。



サイトマップラス




Powered by
SEO対策



 サイトマップラスを使用することで、Googleサイトマップに登録するために必要なサイトマップファイルを簡単に作成することができます。

 入力するURLには、ホームページのトップページのURLを入力してください。

 次に、アカウントを取得したGoogleウェッブマスターツールに、サイト及びサイトマップを追加します。

 追加したいサイトのURLをフォームに入力するだけで登録ができます。

 そして、サイトマップファイルも追加してください。

-------------------

 作成されたサイトマップは、Yahoo!SiteExplorerにも対応しています。

 以後、ページを追加したり削除したりするときは、忘れずにサイトマップも更新することが必要です。

テーマ : これ知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 トラフィックエクスチェンジはアクセスアップを目的として作られたサイトです。

 アフィリエイトなどをやっていると、サイト運営者にアクセスしてもらっても効果がほとんどないのでは?と思いますが、そうではないようです。

 独自のドメインでサイトを運営している人には、たしかにそういうことが考えられます。

 しかし、ブログの場合は事情が異なります。

 ブログには、ブログのドメインのトップページなどで、アクセスランキングが公表されるからです。

 ここで上位表示ができれば、一般のユーザーが見てアクセスしてくれます。

 (これが本当のねらいです。)

-------------------

 やってみました。

 24時間動いているPCがありますので、自動サーフをしてポイントを稼いでいます。

 今日のアクセスは午後6時半で1100件です。

 ブログのアクセスランキングで上位に表示されるには、10000アクセスくらい必要でしょうか?

 とすれば、いくつかのトラフィックエクスチェンジを利用すればできるかもしれません。

 興味のある方はどうぞお試しください。

 →もっとアクセスUP

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 トラフィックエクスチェンジはアクセスアップを目的として作られたサイトです。

 たとえば、”もっとアクセスUP”はその1つです。

 ほかにもいくつかあります。

 もっとアクセスUP

 オレンジトラフィック

 Bomber-EX

 TReX トラフィックエクスチェンジ

 be useful トラフィック

 エクスチェンジドリーム

 激増アクセスアップ

 BeGood.jp

 トラフィックゲイン

 Site-Turns 

 WEBCLICKERS.NET

 MonkeyTraffic

 さくさくエクスチェンジ

 MillionTraffic.net

-------------------

 トラフィックエクスチェンジは、アクセスを交換するためのサイトです。

 サイト運営者がお互いのサイトに訪問し合って、アクセスアップを図ります。

 ある専用サイトを介して、自分は他人のサイトを見てポイントをもらい、そのポイントで自分のサイトを他人に見てもらえることになります。

 無料会員登録をすれば、会員になり、自分のサイトを当サイトで効率よく宣伝することができます。

 トラフィックエクスチェンジでは、高速(12秒)、高還元率(100%)、そして手動サーフと自動サーフ両方対応しています。

 自分で他人のサイトを見て回るのはたいへん、というひとのためには自動サーフが便利です。

 また、ポイントを購入する方法もあります。

 無料登録は1サイトだけですが、ポイント購入するとサイトを追加できます。

 アフィリエイトなどをやっていると、サイト運営者にアクセスしてもらっても効果がほとんどないのでは?と思いますが、そうではないようです。

 独自のドメインでサイトを運営している人には、たしかにそういうことが考えられます。

 しかし、ブログの場合は事情が異なります。

 ブログには、ブログのドメインのトップページなどで、アクセスランキングが公表されるからです。

 ここで上位表示ができれば、一般のユーザーが見てアクセスしてくれます。

 (これが本当のねらいです。)

-------------------

 トラフィックエクスチェンジの場合;

 会員登録ページで必要事項を記入して、登録ボタンを押します。エラーがなければ仮登録完了です。

 メールを受信して、確認 URL にアクセスし、アカウントを有効にするためのページを開きます。

 パスワードを入力し、「アカウントを有効する」を押して、エラーがなければ本登録完了です。

 試しに、管理人も無料登録して見ました。

 必要事項を記入して仮登録すると自動発信メールが届きますので、メールに記載されたサイトからサイトにアクセスして本登録します。

 最初に、自動ポイント 550 がつきます。

 →もっとアクセスUP

 さて、どうなるでしょうか。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 これまでは、作ったホームページやブログのアクセスアップをいかに上げるか、という観点からいくつか紹介してきました。

 この発想を逆に転換して、最初からアクセスの多いキーワードを検索しておいて、それに沿ったページ作りをするのが効率的なようです。

 もともとアクセスが多いキーワードですので、競合はあり競争は厳しいですが、その中でニッチの分野を探してコンテンツを作ればアクセスを呼び込むことができるようです。

 

キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO



 管理人が利用しているのは、無料登録ドットコムのページです。

 ここは、EC studioが今まで得てきたアクセスアップ・SEO対策のノウハウ、ホームページに役立つサービスを厳選、無料公開し、日本のインターネット業界の底上げを目的として 設立されたサイトです。

-------------------

 キーワード; ”カエル”で検索してみました。

 データは、キーワード、検索回数 Google、検索結果 Google、KEI Yahoo、検索結果 Yahoo、KEI ライバルページ数、の順です。


カエル 22,602 回 5,900,000 件 88.2 5,950,000 件 85.9 95,000 件

カエル ツボカビ 症 2,744 回 138,000 件 54.6 53,200 件 141.5 372,000 件

カエル イラスト 2,718 回 687,000 件 10.8 592,000 件 12.5 4,220 件

カエル 占い 2,286 回 457,000 件 11.4 407,000 件 12.8 3,000 件

カエル スタジオ 2,144 回 304,000 件 15.1 263,000 件 17.5 6,990 件

カエル ツボカビ 1,587 回 172,000 件 14.6 87,900 件 28.7 59,800


カエル 為に 鐘 鳴る 1,309 回 26,000 件 65.9 24,900 件 68.8 147,000 件

カエル 画像 1,050 回 1,670,000 件 0.7 1,680,000 件 0.7 4,880,000 件

カエル グッズ 974 回 917,000 件 1.0 809,000 件 1.2 45,500 件

カエル 病気 785 回 551,000 件 1.1 478,000 件 1.3 1,400,000 件

-------------------- 

 検索回数が多くて、ライバルページの少ないキーワードを見つけることができます。

 ここから、どんなページを作ったらよいかのヒントが得られます。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 ランキングサイトは、人気のあるホームページをランキング形式で紹介するものです。

 多くは、Webサイトを各カテゴリー別にアクセスランキングを用いて紹介しています。

 中小の検索エンジンと似ている面もありますが、その中で人気のあるサイトをランキング順に表示する点が異なっています。

 サイト運営者にとっては自サイトの人気度が計れます。

 一般の人は人気のサイトがどこかを知ることができます。

 この中で上位に表示されるようにすれば、アクセスの向上が期待できます。

 また、この中に表示されていることで、アンカーテキストによる検索エンジンでのSEO対策にもなります。

 あまり多くは期待できないものの、それなりの効果はあると考えられます。

 参加するには、自分のホームページやブログに投票バナーを設置し、ここからの投票数の集計でランキングが決まります。

 投票数は、サイトに設置して頂いた投票バナーがクリックされた数と、ランキングサイトに訪問した人が各参加サイトへ訪問すた数で決まるようです。

 投票については、同じパソコンからの多重投稿は反映されないようになっているようです。

-------------------

 無料アクセスランキングサイトの一例です。

 検索・リンク集ランキング

 アクセスマニア

 JRANKホームページランキング<

 DAILY WEBSITE RANKING

 COOL-RANKING.COM>検索・リンク集

 WA!!!RankingSite

 なんでもWebランキング>検索・総合型

 @With 人気Webランキング

 Galaxy Ranking

 @START! Link

 人気HP検索エンジン

 エゴイスト・ランキング

 他のアクセスアップサイトを探す

 サンクスランキング

 人気ランキング>サーチエンジン

 この他にもたくさんあります。

テーマ : SEO対策は最重要 - ジャンル : アフィリエイト


 メールマガジンとの連動はとても有効なようです。

 管理人もメルマガはたくさん購読しています。

 まず、メルマガそのものがアフィリエイトになっています。

 ここで稼いでいる人も少なくないようです。

 メールマガジンの発行所をメルマガスタンドといいますね。

 無料発行スタンドとして、まぐまぐ、メルマ、メルカップ、E-Magzine、メルマガ天国、カプライトなどがあります。

 まぐまぐ
 http://www.mag2.com/

 メルマ
 http://melma.com/

 メルカップ
 http://www.melcup.com/

 E-magazine
 http://www.emaga.com/

 メルマガ天国
 http://melten.com/

 カプライト
 http://kapu.biglobe.ne.jp/

が代表的です。ほかにも、独自のメルマガ発行システム用のソフトを導入して発行している人もたくさんあるようです。

 発行部数が多いのは、”まぐまぐ”です。

 ”まぐまぐ”はメルマガ界の老舗です。

 しかし、発行までの準備や審査が結構、手間がかかります。

-------------------

 しかし、メルマガを発行してたくさんの読者を集めることができれば、メルマガにサイトのURLを載せることで多くのアクセスを呼び込むことができます。

 ある週のまぐまぐの発行部数ベスト30です。

 順  発行部数 マガジンタイトル
 1  194356 1億稼いだ■最強方程式を毎日10秒で⇒平成・進化論。
  2  151146 ビジネス発想源
  3  135052 ネットで収入と自由な時間を手に入れる方法
  4  124987 セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術
  5  124023 初心者でも株でしっかり月20万円!
  6  107883 「山本塾」 ネットを使って月収を30倍にした方法
  7  100469 毎日1分!英字新聞
  8  99560 メルマガ成功法~メルマガコンサルタントの稼ぐ思考
  9  98210 デイトレで楽々ネット生活始めよう・資産有効活用
 10  96758 「マエストロ」の株式デイリーコメント
 11  89792 ●●技川島の日刊インターネットビジネスニュース
 12  80230 日給8万円情報 ブログで月356万円楽しく稼いだ方法
 13  80188 勝率8割!IPO・セカンダリーで大儲け楽々投資法!
 14  76663 道幸武久の加速ビジネス塾
 15  74190 松井証券マーケットプレゼンス
 16  72663 押忍!インターネット起業家道場
 17  70750 倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】
 18  70255 「格闘詩」 ~がんばる自分を応援する言葉
 19  69320 禁断の果実!現役サラリーマンがお金持ちになれる
 20  68110 呼野通信
 21  68087 競馬ド素人でも万馬券連発!超簡単IT競馬投資法
 22  67701 10秒ダイエット
 23  64910 フォレスト商売繁盛横丁
 24  63036 小金持ちのためのIPO
 25  62302 無料ブログアフィリエイトで月収1000万円稼ぐ極意
 26  60245 石田レポート 年収1億!稼ぎの構造
 27  59832 高卒社長☆誰も教えてくれない成功の極意
 28  58364 時事問題で楽しくマスター!使える会計知識
 29  58115 1年でTOEIC900! 英語・英会話 ENJOY 大事典
 30  56547 2パラグラフで英字新聞を読もう!

 出典:まぐまぐ

 この中には、個人のスーパー・アフィリエイターが何人もいるようです。

-------------------

 しかし、メルマガは発行には手間暇が結構かかります。

 それ以上に、多数の購読者を集めるのはある種の才能が必要です。

 内容もある程度以上のものがあって、何より多くの人の心理を捕まえるキャッチ・コピーがとてもうまいと思います。

 あまり専門的な内容になると、かえって購読者は少ないようです。

 メルマガはスーパー・アフィリエイターの登竜門の1つと思いますが、芥川賞・直木賞作家でない大作家がたくさんいるように、ほかの道からも達することができるように思います。

 メルマガを発行される”王道”を進まれる方は、次から申請してきださい。

 まぐまぐ

 メルマ 

 メルカップ

 E-magazine

 メルマガ天国

 カプライト

テーマ : アフィリエイター・サクセス道場 - ジャンル : アフィリエイト


 今日は時間があまりありませんので、小技のご紹介です。

 Yahoo!ニュースに紹介されるアクセスが急上昇するそうです。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl

 うまく紹介されればそうでしょうね。

 紹介されやすいように動くとよいそうです。

 まず、自分のページにYahoo!ニュースの記事を紹介します。

 これに少し意見やコメントなどを加えます。

 そして、ニュースの出所のURLを記載します。

 終わったら、PING送信をします。

 送信先は、

 http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

 とのこと。

 紹介されるにはタイミングとか、いろいろな要素があるかもしれません。

 そのうち、一度試してみようかと思います。

テーマ : SEOと検索エンジン - ジャンル : アフィリエイト


 早速使ってみました。

 これはいいですね。

 無料なのがすばらしい。

 他社の月額数万円から数十万円の有料サービスと同様の解析データを得ることができます。

 設定も簡単です。

 →Google Analytics(グーグルアナリティクス)

--------------------

・高機能なアクセス解析

 ホームページへのユーザーのアクセス数・ページ移動の推移を 詳細に把握することが可能です。

・複数のURLが利用可能

 URLを追加すると、複数URLが利用できます。

・複数の人数で閲覧・管理

 画面を複数の人数で閲覧・管理することができます。

・Googleアドワーズとの連動

 PPC広告アドワーズと連動したレポートを集計することができます。

--------------------

 次のようなデータが提供されます。

- 経営層向けの概要

- コンバージョンの概要

- マーケティングの概要

- コンテンツの概要

- サイト上のデータ表示

- マーケティング担当者向けの概要

- マーケティングの概要

- すべての CPC 分析

- クリック単価広告と検索結果のコンバージョン

- キーワード全体のコンバージョン

- キーワード アドバイス

- キャンペーンのコンバージョン

- コンバージョンの概要

- サイト上のデータ表示

- 目標到達プロセスのナビゲーション

- 閲覧開始ページの直帰率

- ウェブマスター向けの概要

- コンテンツの概要

- 目標到達プロセスのナビゲーション

- 閲覧開始ページの直帰率

- 目標のトラッキング

- タイトル別のコンテンツ

ウェブ デザインの情報

- ブラウザのバージョン
- プラットフォームのバージョン
- ブラウザとプラットフォーム
- 画面の解像度
- 画面の色
- 言語
- Java 有効率
- Flash のバージョン
- 接続速度
- ホスト名

マーケティングの最適化

固有の訪問ユーザーのトラッキング

- 1 日の訪問数
- 訪問数とページビュー数のトラッキング
- 目標のコンバージョン トラッキング
- 固有の訪問ユーザー数
- リピート訪問数
- 訪問頻度

訪問ユーザー セグメントのパフォーマンス

- 新規訪問ユーザーとリピート訪問ユーザー
- 参照ソース
- 地域
- 地図上のデータ表示
- 利用ネットワーク (会社名)
- 言語
- ユーザー定義
- ドメイン

マーケティング キャンペーンの結果

- キャンペーンのコンバージョン
- ソースのコンバージョン
- メディアのコンバージョン
- 参照元のコンバージョン
- キャンペーンの投資収益率
- ソースの投資収益率
- メディアの投資収益率

検索エンジン マーケティング

- すべての CPC 分析
- AdWords の分析
- AdWords キーワード掲載順位
- キーワード全体のコンバージョン
- クリック単価広告と検索結果のコンバージョン
- キーワード アドバイス
コンテンツの最適化

広告の分析

- 広告全体の A/B テスト
- ソースのテスト
- キーワードのテスト

コンテンツのパフォーマンス

- 上位のコンテンツ
- コンテンツの詳細
- タイトル別のコンテンツ
- 動的なコンテンツ
- 訪問中のページビュー数
- 閲覧時間

ナビゲーションの分析

- 閲覧開始ページの直帰率
- 上位の離脱ページ
- サイト上のデータ表示
- ナビゲーション開始位置
- すべてのナビゲーション

目標と到達プロセス

- 目標のトラッキング
- 目標のコンバージョン
- 目標到達プロセスのナビゲーション
- 目標到達プロセスの放棄率
- 目標パスの解析
- 目標の確認

ウェブ デザインの情報

- ブラウザのバージョン
- プラットフォームのバージョン
- ブラウザとプラットフォーム
- 画面の解像度
- 画面の色
- 言語
- Java 有効率
- Flash のバージョン
- 接続速度
- ホスト名

--------------------

 ほかに、未使用の効果的なキーワードを確認できるレポートも用意されています。

 これは、使いこなさなければ損ですね。

 申し込みはこちらです。

 →Google Analytics(グーグルアナリティクス)の登録はこちらへ

テーマ : アフィリエイトテクニック - ジャンル : アフィリエイト


 訪れた人の半分以上が1ページだけ見て帰っているサイトが珍しくないようです。

 もったいないですね!

 ホームページやブログのアクセスアップには、アクセス解析は必要不可欠です。

 ホームページに来た閲覧者の特性や傾向を知ることができます。

・いつきたのか
・何人きたのか
・何回目の訪問か
・どの時間/日にユーザはアクセスしているか?
・いつごろきて、どれくらいそのページに滞在したのか
・どんなキーワードからこのページにたどりついたのか
・どのサイトからたどりついたのか
・どんなプロバイダに加入している人がアクセスしているのか
・ページの中で、どんなコンテンツが注目されているのか

などを知ることができます。

 これにより、次のようなことが可能になります。

・アクセスが多いページを知り、そのコンテンツの強化する
・アクセスの少ないページやコンテンツを削除したり組み換えることにより、ホームページのアクセス数の増加を図ります。
・検索エンジンで検索されるキーワードの調査や広告の効果測定を行うことにより、集客ルートを把握し、アクセス解析によって、ホームページ改善の手がかりを具体的に知ることができます。

 アクセス解析は流通している有料・無料のソフトを入手して自分で運用するか、有料・無料のアクセス解析サービスを利用して行います。

 自分でソフトを入手してやるのは手間暇がかかりますので、アクセス解析サービスを利用するのが賢明です。

 ホームページへのアクセス情報をアクセスログとしてデータベースに保存しておき、それを見易いように統計・加工処理を施して、ホームページのアクセス状況をご提供するソフトです。

 アクセス解析サービスは無料から有料までたくさんありますので、その中から最適なアクセス解析サービスを選ぶのは、非常に困難です。

 管理人は現在FC2の無料アクセス解析を利用しています。

 管理画面からログインして、ホームページやブログのURLアドレスを入力して、次のようなHTMLタグを取得して、これを解析したいページに貼り付けます。

<!--アクセス解析タグ ここから-->
<script language="JavaScript" src="http://analyzer.fc2.com/analyzer.js?uid=xxxxxx"></script><noscript><div align="right">
<a href="http://domain.fc2.com/">ドメイン</a><a href="http://rentalserver.fc2.com/">ホスティング</a><a href="http://seo.fc2.com/">SEO対策</a><a href="http://cart.fc2.com/">ショッピングカート</a><a href="http://seo.fc2.com/">広告</a>
</div></noscript>
<!--アクセス解析タグ ここまで-->

 あとは管理画面からログインして、いろいろなデータを参照します。

 提供されるサービスの内容は、各アクセス解析サービスによって異なっています。

 いずれにしろ、データを参照して次のような改善に役立てます。

・このホームページで求められている情報は何か?
・今後どんな情報を追加すれば、もっとよく利用されるサイトになるか?
・どこが悪いために来訪者が帰ってしまうのか?
・どの商品がもっとも求められているか?
・ブランド向上のために何をすれば良いか?

 ここで、コンテンツの問題が出てくるのだと思います。

-------------------

 無料のアクセス解析サービスをいくつかあげておきます。
 
AccessAnalyzer.com
無料の高性能レンタルアクセス解析サービスです。

ACR WEB
シンプルで高性能なアクセス解析の無料サービスです。

ASP 無料ホームページアクセス状況解析
登録後その日から簡単に解析できます。

Cyber Land
アクセス解析機能は、検索サイト、検索キーワード、リンク元等アクセス元、都道府県別、リモートホスト、ドメイン、携帯機種等端末情報、リピートなど多彩なアクセス解析内容でアクセスアップにも役立ちます。

EZworks
class=text>過去4ヶ月のアクセス解析が可能で、携帯のホームページやアダルトサイトでも利用できます。

FC2 ANALYZER
全てC++で開発されたアクセス解析レンタルサービスです。

FREE ACCESS
1ヶ月単位のアクセス数を今月のアクセス数と先月のアクセス数という形で見れます。

infoseekアクセス解析
アクセス解析は簡単なタグを貼るだけでホームページに来訪している情報を詳しく解析し、様々な情報を、折れ線グラフや円グラフを用いて大変分かりやすく表示しています。

NUKS.JP
NUKSが提供する無料アクセス解析です。

NINJA TOOLS
忍者TOOLSが提供する、無料で高性能なアクセス解析サービスです。

スゴいカウンター
スゴいカウンターではシンプルで広告なし、アクセス解析の付いたカウンターの無料レンタルサービスを行っています。

--------------------

 なお、Google Analytics(グーグルアナリティクス)がとても優れているようです。

 管理人もこれを使ってみようと思っています。

 http://www.google.com/analytics/ja-JP/sign_up.html

 →こちらです

 

テーマ : SEOと検索エンジン - ジャンル : アフィリエイト


 新しくホームページやブログを開設するとき、どのサイトを使うとより有利でしょうか。

 アクセスが多いサイトを使った方が注目されやすいでのはないでしょうか。

 そのサイトの中でのランキングで上位を目指せば、アクセスアップの結果もついてくるような気がします。

 ご意見がありましたら、コメントをお願いします。

 Alexaのアクセスランキングです。

 トップ50までとってみました。

Top 50 Sites Japanese

1位. Yahoo!カテゴリ
http://www.yahoo.co.jp

2位. Google 日本
http://www.google.co.jp

3位. Mixi
http://www.mixi.jp

4位. 楽天市場
www.rakuten.co.jp

5位. FC2
www.fc2.com

6位. Livedoor
www.livedoor.com

7位. Dell Inc.
www.dell.com

8位. Goo辞書
www.goo.ne.jp

9位. Infoseek Japan
www.infoseek.co.jp

10位. Amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

11位. Nifty.com
www.nifty.com

12位. Geocities.jp
www.geocities.jp

13位. 2ch.net
www.2ch.net

14位. はてな
www.hatena.ne.jp

15位. Symantec
www.symantec.com

16位. BIGLOBE
www.biglobe.ne.jp

17位. さくらインターネット
www.sakura.ne.jp

18位. Dmm.co.jp
www.dmm.co.jp

19位. Ameblo.jp
www.ameblo.jp

20位. OCN
www.ocn.ne.jp

21位. Excite
www.excite.co.jp

22位. Seesaa
www.seesaa.net

23位. MSN Japan
www.msn.co.jp

24位. MSN-Mainichi Interactive
www.mainichi-msn.co.jp

25位. エキサイトブログ
www.exblog.jp

26位. NIKKEI NET
www.nikkei.co.jp

27位. XREA.COM
www.xrea.com

28位. インプレス
www.impress.co.jp

29位. JUGEM
www.dion.ne.jp

30位. DION
www.dion.ne.jp
31位. ITmedia
www.itmedia.co.jp

32位. ハンゲーム
www.hangame.co.jp

33位. So-net
www.so-net.ne.jp

34位. 日刊スポーツ
www.nikkansports.com

35位. Nikkeibp.co.jp
www.nikkeibp.co.jp

36位. Asahi.com
www.asahi.com

37位. Yomiuri On-Line
www.yomiuri.co.jp

38位. 価格.com
www.kakaku.com

39位. Sytes.net
www.sytes.net

40位. ぐるなび
www.gnavi.co.jp

41位. Im.tv
www.99bb.com

42位. 99bb.com
www.99bb.com

43位. Ucom.ne.jp
www.ucom.ne.jp

44位. ぷらら
www.plala.or.jp

45位. Iij4u.or.jp
www.iij4u.or.jp

46位. ヤプログ
www.yaplog.jp

47位. All About Japan
www.allabout.co.jp

48位. Teacup
www.teacup.com

49位. FC2Web
www.fc2web.com

50位. GyaO
www.gyao.jp

テーマ : SEO対策は最重要 - ジャンル : アフィリエイト


 アクセスアップの基本はページのコンテンツではないでしょうか。

 次に、訪問者にストレスを与えないことも重要はないでしょうか。

 つまり、内容の優れたコンテンツをたくさん持っていて、ページの移動がストレス無くできることです。

 しかし、コンテンツを蓄えて魅力あるサイトを作ったとしても、人が集まるとは限りません。

 むずかしいのはこの点です。

 そこに、SEOの意味と必要性があるのだと思います。

 訪問者にストレスを与えない(迷わないページ、すぐに表示される、見やすいレイアウト) ページ作りですが、この内の、”見やすいレイアウト”については、デザインの勝負だと思います。

 ブログの場合はデザイン・テンプレートがありますが、自作のページでは自分で作ることになります。

 デザインは、全体の配置・構成と各部分の配色・レイアウトの工夫などが必要になるようです。

 統一的なレイアウトは、スタイルシートを利用するとよいようです。

 でも、素人がこれをちゃんとこなすのは大変ですので、テンプレート・サービスを利用するのが賢い選択肢のようです。

 テンプレート・サービスには、有料のものと無料のものがあります。

 インターネットで探すといくつかありますが、これは無料テンプレート - Free Templates Online JP のものです(なお、管理人はこのサイトとは関係がありません)。

 www.freetemplatesonline.jp

*有料のものもありますので、よく検討することが必要です。

 無料 アート&写真

 無料 美容

 無料 ビジネス

 無料 車

 無料 コミュニケーション

 無料 コンピューター

 無料 教育

 無料 ファミリー

 無料 ファッション

 無料 ホスティング

 無料 工業

 無料 インテリア

 無料 インターネット

 無料 法律

 無料 医療

 無料 オンラインショップ

 無料 ポータル

 無料 不動産

 無料 ソフトウェア

 無料 スポーツ

 無料 ウェディング

 無料 個人向け

 無料 音楽

 無料 すべて

 このほかに、次のサイトも参考になります。

 HPテンプレート案内

 HTML素材 無料 テンプレート

 シンプル!カワイイ!テンプレート

 てんぷれの天ぷら

 WEBデザインテンプレートの無料ダウンロード

 SOZAI,WDCRO

 HOMEPAGR MASTER

 デザインテンプレートKomachi

 HTMLテンプレートとカレンダー

 無料ホームページテンプレートの素材屋

 トップページギャラリー

 HPテンプレート素材配布チュ~!


 アクセスアップの基本はページのコンテンツではないでしょうか。

 次に、訪問者にストレスを与えないことも重要はないでしょうか。

 つまり、内容の優れたコンテンツをたくさん持っていて、ページの移動がストレス無くできることです。

 しかし、コンテンツを蓄えて魅力あるサイトを作ったとしても、人が集まるとは限りません。

 むずかしいのはこの点です。

 そこに、SEOの意味と必要性があるのだと思います。

 EC studioでは、ホームページ作成の五大要素をあげています。

 http://www.muryoutouroku.com/accessup/accessup1.html

・ホームページを作る前にホームページ作成後の訪問者の立場に立って喜ぶかどうか。

・自分自身がお気に入りに入れてリピーターになるようなホームページかどうか。

・他社が行っていない訪問者が驚くオリジナルのアイデアを少なくとも3つ以上入れる。

・デザイン、ホームページのタイトル、文章中のキーワードには徹底的にこだわる。

・訪問者にストレスを与えない(迷わないページ、すぐに表示される、見やすいレイアウト)

 この内の、”すぐに表示される”点については、ページの重さをチェックするツールがあります。

 ダウンロード時間の無料測定ツール - ダウンロードTIMER です。

 http://www.downloadtimer.com/checker.html

 ダウンロード時間測定ページから特定のウェブページのURLを入力するだけで、そのウェブページがアナログ環境でアクセスした時にどれ位のダウンロード時間がかかるかを推定して測定してくれます。

 またウェブページ全体、そしてページ上の各画像のファイルサイズなども測定してくれます。

 余りにダウンロード時間がかかって修正が必要な場合、問題点を特定することができます。





ホームページのダウンロード時間測定ツール

powerd by
target="_blank">ダウンロードTIMER

bgcolor=#eeeeee>
ダウンロード時間を測定したいウェブページのURLを入力してください:





* 測定までに数秒~30秒程度はかかります。送信ボタンを連打しないでください。

* 基本的にご自分のウェブページのダウンロード時間測定にご利用ください。


テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。