プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも続かない検索エンジンへの対策 著 者: 池田 康祐

すっごく多くのメルマガやセールスレターがうようよしています。

タイトルに魅かれて読み始めたものの、全く中身とタイトルが違う類のものが急増しはじめました。

どこでどう勘違いされているのか分かりませんが、中身は人真似でタイトルだけオリジナルっぽいものってよく見かけません?

それなら初めから全てコピーしてもらいたいものです。

本文を一言で集約するのですから、本来は簡単には作れないのがタイトル。

私達は素人ですが、それでも読み手を騙すような文言は避けるべき。

全く脈絡のない本文を読まされると苛立ちを抑えられません。

ある程度の脈絡を残しておかなければ、どんなにタイトルが素晴らしいものであっても読まれないものです。

それと、手に入れた情報やソフトを販売するのは当たり前ですが、それについて少しは勉強しておかないと、大事なセールスレターが不発に終わります。

あなたは、御自分が書いたタイトルから、あなたの本文を想像できますか?

例えば、タイトルを

「ヴァイラルアーティクルの全て」

としましょう。

これなら誰もが 「ヴァイラルアーティクルのことなんだな。」 って分かりますよね。

しかし肝心の本文がヴァイラルアーティクルについてはほんの少しだけで、ほとんどがヴァイラルブランダーのセールスなら?

ヴァイラルアーティクルに関する情報収集しに来た人にとっては怒り心頭!

関係ない記事を読まされた挙句にセールスなんですから当然です。


ではどうしてこのような事が増えてきたのでしょうか?

それは検索エンジンへの対策が原因です。

文章にならなくても良いからキーワードをちりばめるように指示した情報が出回っています。

キーワード上位の言葉を織り込むのは良い方法だと思いますが、それも度を過ぎると迷惑です。

上記の例なら、ヴァイラルブランダーよりヴァイラルアーティクルのほうが上位だという設定です。

上位を利用して下位を読ませる。

正直これはお薦めできません。

検索エンジンへの対策はするべきでしょう。  が、およそ文章とは呼べないものを平気で作らせた対策や、全く更新しないブログをキーワード毎に作らせるといった方法がいつまで通用するのでしょう?

現に、2年前と現在では大幅に異なりますし、ネット人口が増加するに従い検索エンジン側の対応も早くなってくるでしょう。

また、検索エンジンだけに頼っていると、どこかで検索エンジン上位から消えてしまい、あなたの計画は崩壊すると思われます。

今それで通用しているなら、今のうちに次の手を打つことをお薦めします!!

仮に検索エンジンがもっと細分化され、一つのキーワードが入った言葉でのヒット数が激減するとしたら?

上記の方法のサイトの多くは、上位から間違いなく消えてしまうでしょう。

将来を考えてヴァイラルマーケティングに尽力されることを強~くお薦めします!


IRORINET  池田 康祐
http://yasuhironet.com

ビジネスアーティクル
http://irori.art.coocan.jp

スポンサーサイト

テーマ : これ知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 一昔前のSEO対策は、ホームページ内にキーワードを多めに適切に配置する内部的対策が主流を占め、ある程度の効果もでていました。

 SEO対策において、「被リンクを大量にもらえば効果がある」とは必ずしもいえません。

 大量のページの中に良質なサイトが含まれていれば効果はありますが、数千~数万件の被リンクを販売している業者のテキスト広告はほとんど効果がありません。

--------------------

 最近の検索エンジンでは、被リンクの「量」よりも「質」を重要視しています。

 これは、中小サーチエンジンや掲示板への一括登録、自動相互リンク、ブログのトラックバックなどが多くなり、被リンクの量だけでは正確な結果が出せないと、検索エンジンが判断しているためです。

 現在は良質で関連性の高いホームページから紹介されている(被リンクを受けている)方が、SEO対策上では効果が表れています。

 もっとも効果が高いのは、SEO対策をする「キーワード」名で、「同じテーマ」の「良質」なサイトから、「テキストリンク」を受けることです。

 被リンク数が莫大で、その中に良質なサイトからのテキストリンクが多数あれば、キーワードやテーマが関係なくても高い効果が表れます。

 質の高い被リンクを受けるためには、良質なサイトからのリンクが有効的ですが、相互リンクでは効果が薄く、一方通行のナチュラルリンク(自然リンク)でなければいけません。

 さらに、一方通行のリンクでもバナー広告からのリンクでは検索エンジンによっては有効とみなさず、テキストリンクのみが有効となります。

 また、いくら良質サイトからリンクをもらっても、関連性がまったくないサイトからの被リンクはほとんど効果がありません。

 したがって、「良質」で「関連性のある」サイトから、「一方通行のテキストリンク」を受けることができれば、確実に効果が高くなります。

 良質なサイトと検索エンジンが判断している基準「良質」なサイトとは、検索エンジンによって判断基準が若干異なりますが、具体的には以下の通りです。

・ページランクが高いサイト(グーグルのみ)

・ヤフーカテゴリに登録されているサイト(ヤフーのみ)

・開設年が古いサイト

・更新を頻繁に行っているサイト

・外部リンクが少ないサイト

・良質なサイトからリンクを受けているサイト

テーマ : 知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


Web2.0以降の革命(1) 著 者: office SeI <オフィス セイ>

Web2.0以降の革命でWeb世界(あちら側の世界)では、「お金のいらない世界」が進行していくでしょう。

Web世界でのキャッシュフローの発生は、現実社会への誘導、実体験への架け橋、もしくは現物に変換するアイデアやテクノロジーにもとづくようになります。

例)広告(Google)、本などのネットショップ(Amazon)、製品開発アイデア、それらをWeb世界で提供するために、便利に使いやすくするテクノロジーしたがって、「単に知る」という知識・情報には、それに対してお金を支払うという「対価性」がなくなってきます。

つまり知識、情報のみのeBook、ビデオ(パッケージ除く)などではお金がとれなくなってくるでしょう。

それらは既に、インターネット上で探し、求め、調べれば、あるいは問いかければ、無料で簡単に手に入れることができるからです。

そのことにほとんどの人々が気づくようになり、利用するようになります。

その一方で、実際にやること、行動につながる、5感を使った実体験をもたらす、というコンテンツや物は「対価性」をもちます。

例えば、さまざまな機能を持った電子辞書がたくさん売れていますが、
あれは膨大な知識を便利に持ち運べて、どこででも情報を調べることができるという、その機能性に加えて、「電子辞書」という物を持ち、それに愛着を感じるという価値が生じています。

デザイン性や可愛らしさなどの見た目が、機種選択の重要なファクターになっています。

単に情報を得るためだけであれば、現在は携帯電話さえあれば、実はことが足ります。

腕時計にしても、時間を知るためだけであれば、携帯電話があれば十分です。

しかし人間は、物に愛着を感じ、その好きな物を持って、それを手にとって使うこと自体に価値を見出します。

そうした価値に人は対価を支払うのです。

そのような価値の創発は現実社会、現物、実体験の中にあります。

現実社会は貨幣経済社会ですので、その価値につながるものはキャッシュフォローを生み出すことができます。

つまり、現実、現物、実体験につながるものしか、Web上でのビジネスは成立しなくなります。

ところで最近、セカンドライフという仮想現実の世界が大ブームになりそうな予感があります。

( → http://secondlife.com/world/jp/

その世界では、リンデンドルという貨幣が流通し、それを現実のUSドルに交換することもできます。

セカンドライフというWeb世界は「お金のいらない」世界ではなく、逆に大きなビジネスチャンスがあり、キャッシュが生まれる世界です。

このセカンドライフは、地理的ロケーションを持たない、ひとつの新しい国であると考えるとわかりやすいと思います。

セカンドライフという国は、現実の貨幣経済社会をそのままWeb世界に投影した、もうひとつのリアルな国なのです。

その国でのヴァーチャルな体験・生活は、実体験に近い感覚を得られるものです。

こちら側の現実の生活では実現できない、もうひとつの人生=「セカンドライフ」を、ヴァーチャルリアリティの世界で実現するのです。

ですからリアリティの追求のために、そしてビジネス目的のために、
そこでの物・サービスの提供は、現実社会と同様に、貨幣の流通を通して行われます。

はじめから貨幣経済という仕組みを組み込んであるセカンドライフ国では、私たちの現実の世界と同様の経済活動、ビジネスが発生していきます。

セカンドライフで流通する貨幣、リンデンドルとUSドルとの交換は、
まさに外国為替取引です。

この交換取引を金融商品として取り扱う金融機関やマーケットも登場するでしょう。

(私ならセカンドライフを、「お金のいらない世界」としてつくりますけどね)

こういった貨幣経済が支配する仮想現実世界をWeb上につくるということを除けば、あちら側の世界は基本的にお金を必要としない世界になります。

近い将来、eBook、e-ラーニングなどの情報コンテンツは無料となるでしょう。

またアイデア、スキル・ノウハウ、ソフトウェア、テクノロジーも、
そのほとんどが無料となるのではないでしょうか。

するとWeb世界でキャッシュを生み出すのは、広告とネットショップ(店舗、オフィス。サービス業含む)だけになります。

→ ブレーナーズ!http://www.e-brainers.com/の戦略やその製品のひとつであるアーティクルサイト・パワーパッケージ http://www.article-site-power-package.com/を参考にしてみてください。

このアーティクルは私のメルマガコンテンツです。
http://www.office-sei.jp/category/1168564.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  office SeI 〈オフィス セイ〉
  http://www.office-sei.jp  板垣 善昭 (いたがき よしあき)
  E-mail info@office-sei.jp
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

テーマ : 知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 Web 2.0とは、従来のWWWにおけるサービスやユーザ体験を超えて次第に台頭しつつある新しいウェブのあり方に関する総称です。

 これまでのインターネットやインターネットサービスをWeb1.0や1.5と総称します。

 いわば、Web2.0=次世代インターネットの方向感ということで、必ずしも明快な定義があるわけではありません。

 Web1.0の静的なWebであったり、Web1.5のサイトの独立性が高いダイナミックなWebとは異なり、サーバやコンテンツ同士がシームレスに連動され、インターネットが社会的なネットワークとして動作すると言う様な意味合いのようです。

 Tim O'reilly氏の論文「What is Web 2.0」によれば、Web 2.0を特徴付けているのは、

・ユーザーの手による情報の自由な整理

・リッチなユーザー体験

です。

 その代表例が、ソーシャル・ネットワーキングではないでしょうか。

--------------------

 XOOPSは、ポータルサイトを立ち上げることのできるオープンソースのCMS(Contents Management System)ソフトです。

 XOOPS公式サイト

 CMSとは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのことです。

 通常、このような高機能なサイトを構築するには、高価なハードウェア/ソフトウェア、高度な技術、そして多大な時間を要します。

 XOOPSは一般的にオープンソフトと呼ばれる部類に入るため、 ソフトウェア部分では一切の費用がかかりません。

ウェブサイトにインストールすればすぐに使えます。

 インストールはPHP/MySQLを使えるサーバー環境があればすぐにインストールできます。

 XOOPSの特徴は拡張可能なモジュールの追加などで様々な機能・プログラムを自由に追加・削除することができます。

--------------------

 管理人はソフトはダウンロードしていますが、仕事がタイトでいまのところ活用しておりません。

 ソーシャル・ネットワーキングは、fc2の無料サービスもあり、ある意味ではこちらを利用した方が簡単で早いことではないかと思います。

 でも、この活用はとても重要なことと思っています。

 自分で自由にカスタマイズできるからです。

 いろいろな可能性があると思います。

--------------------

 XOOPSにはモジュールと呼ばれるフリーソフトが多数あり、必要に応じて機能を追加することができます。

・ブログ

・ショッピングカートを使う通販サイト

・日記

・BBS

・投票

・静止画アルバム

・動画アルバム

・ソフトや音楽ファイルのダウンロードサービス

・解析ソフト

・サイトマップ

・カレンダー(簡易グループウェア)

などなど。

--------------------

 XOOPSを使うにはインストールが必要です。

 XOOPSを実際に使用するには、まずMySQLおよびPHPが既にインストールされたサーバが必要です。

 既にMySQLおよびPHPが導入済みのサーバであれば、XOOPS又はXOOPS Cubeを公式サイトからダウンロードし、インストール手順に従いインストールだけです。

  XOOPS公式サイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


アクセス解析で何を見るのか? 著 者: 兵法家けん

こんにちは!兵法家けんです。


アクセス解析ツール色々ありますね!
管理人も色々使ってますが、おすすめはココ!

 ↓

Research Artisan - リサーチアルチザン 

http://www.research-artisan.com/


その前にあなたはアクセス解析で何を見てますか?
ここ大事な点ですが、見てない人が多いです。


あなたは大丈夫ですか?



今日おすすめのアクセス解析です。
↓(無料登録で高機能)

http://www.research-artisan.com/

管理人(孫子のアフィリエイト)が使ってるアクセス解析情報を
リークしてきました(爆)


http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/goshi/images/akusesu1_1.gif
↑画像クリックで拡大して見れます。

 ご覧になって見て下さい。

 13時25分にブックマークから来て35秒閲覧
 そして人気ブログランキングバナーをクリック
 そしてFC2のランキングをクリック
 そして最後にJRANKのランキングをクリックして去って行かれた。


 ありがたいですね!ランキングを3つもクリックして去って行かれたわけです。(泣)
 

 これから推測されるのは、
 多分RSSで更新記事を読まれ、ブログに訪問!
 そしてランキングを3つも(泣)押していただいたわけですね。
 コメントは後でされるのか?
 それとも今日は忙しいのでランキング応援だけなのか?
 これはわかりませんね。


次見てみましょう!

http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/goshi/images/akusesu2.gif

泣)どうやら、人気ブログランキングから来られて速攻帰られたみたいですね(泣)
イメージしてた内容と違ったのでしょう!
本日13時42分ですね。


では次

http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/goshi/images/akusesu3.gif

13時22分にブックマークから来られて人気ブログランキングだけ応援クリック!
そして「めるぞうがすごい事に」という記事を見て帰られた!その間約1分


では次

http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/goshi/images/akusesu4.gif

12時55分にグーグル検索でキーワード「まぐぞうとは」で「めるぞうとは?」
という記事に来られ1分1秒閲覧、そしてめぐみさんのブログに飛んで行った!(泣)

※ちなみにめぐみさんとは、この日「孫子のアフィリエイト」の
 逆アクセスランキング1位の方のブログ。
 やはり、目立つとこにあると、クリックされるんですね。

↓左サイドバー上覧の赤丸の部分

http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/goshi/images/megumi1i.gif


まだまだ、説明したいのですが、訪問者の行動があなたは見えてますか?
という事を今日は伝えたかったのです。

今日の記事お役に立てましたか?


運営サイト http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/hyakukin/兵法家けん

テーマ : ★ SEO対策講座 ★ - ジャンル : アフィリエイト


 インターネットではキーワード需要やライバルサイト調査が大切です。

 キーワードの需要がそのまま集客数につながってくることになります。

 鬼キーワードアドバイスツールは、検索回数が多くてライバルサイト数が少ないキーワードをすぐに探せるツールです。

 →鬼キーワードアドバイスツール

--------------------

 これを有効に使えば、高額のキーワード一覧表を購入したり手間と時間をかけてキーワードを探す必要はなくなります。

 使い方;

・ログイン

・ページ上部の「キーワード検索」をクリック

・検索条件「月間検索回数」や「ライバルサイト数」を選択して、「キーワード検索」ボタンをクリック

・キーワード一覧が表示されます。

 データ;

・検索回数

・Yahooライバルサイト

・YahooKEI値

・Googleライバルサイト

・Googleライバルサイト

 お勧めキーワードを入力すれば、検索回数が多くてしかもKEI値の高いキーワードが見つかります。

 これが無料で利用できます。

 →鬼キーワードアドバイスツールの登録はこちら

テーマ : これ知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


「ウィークル」と「マイチューン」への投稿 著 者: 池田 康祐

ヴァイラルアーティクル(http://www.viralarticle.com/
ウィークル(http://weekle.jp/
マイチューン(http://www.my-tune.jp/

をガンガン利用しています。

でもマイチューンはちょっと投稿ペースが遅いですけど(笑)

私は無料のものが大好きです。(関西人だからではない)

いろいろと試すことが出来るでしょ?

ウィークルは私が普段から関心を持っているジャンルのニュースを投稿するだけ。

マイチューンは面白い動画や自作の動画、写真、そして自分が良く利用するサイト情報などを投稿できます。

私はマイチューンに自分の集めたデータをグラフにして投稿しています。


何故私は無料のものが大好きなのでしょう?

答えはとってもシンプルです。

予算が限られているから(笑)

私に限らず予算に限りがある方がほとんどでしょ?

お金があるから成功する訳でもないし・・・

そしてもう一つの理由は、有料のソフトを購入する人より、無料のものを利用する人のほうが多いので、その中で自分を磨きたいからです。

何だかかっこいいこと言ってますが、実は貧乏なだけかも(爆)

それぞれの投稿は違った意味合いが当然ある訳ですが、人それぞれ利用方法も違います。

でも外から見ているだけではそれが分かりません。

知識が偏ってしまうことを恐れる私は、常に第三者の動向も気にしています。

また、それらに対応する術をつけるためにも上記3つは私にとって必要不可欠なものです。

「毎日のようにヴァイラルアーティクルに投稿するのはしんどくないですか?」

全然しんどくないですよ♪

「どんなニュースをどこで見ているんですか?」

ネットでニュースと検索すればいくらでもあります。

「動画も?」

もちろん!!

私はマーケティングやネットビジネスのニュースだけでなく、ペットや健康関連のニュースも気になりますので、必然的に数が増えます。

自分が飼っているペットにも関係するし、生きていく上で健康って大事でしょ?

だから簡単に楽しく投稿してます。

そういえば海外のフリーソフト情報を投稿されていた方もいらっしゃいました。

私もそのサイトから一つ引っ張ってきました(^^)

私の投稿しているものも誰かに活用して頂いているかも知れないと考えると、毎日ワクワクしてしまいます。

自分の知識やスキルが人とどう違うかを知るだけでも参考になりますよ!!


IRORINET   池田 康祐
http://yasuhironet.com

ビジネスアーティクル
http://irori.art.coocan.jp

テーマ : ★ SEO対策講座 ★ - ジャンル : アフィリエイト


CMS

CMS 著 者: 涼クール

近頃、耳なれない言葉がやたらとあるような気がして、そういった単語に出会うたびに、いちいちググッてるのも面倒くさいときがあります。

一度調べたものなのに忘れてしまっているとか、調べたことさえ忘れているとか(笑)よくあるので、備忘録の代わりにこのブログを利用したりしてるんですね。

んで、今日は

『CMS』

について調べてみました。

「Contents Manegement System」

の略らしいんですが、これだけだと何のこっちゃ分かりませんね。

簡単に説明すると

『Webページのコンテンツの作成、編集、配信を管理するソフトウェア』

のことらしいです。

もっと分かりやすい例を挙げると、このブログなんかもその一種なんですね。

有名なところでは

・Zope
http://zope.jp/

・XOOPS(英語サイト)
http://www.xoops.org/

などがあります。

こうしてまとめてみると、なるほど同じものだったんだと、改めて認識できてなかなか良い感じですw

ブログなどもそうなんですが、このCMSのメリットは

1)HTMLやCSSなどの言語知識がなくてもコンテンツを作成できる

2)ページ毎のデザインの変更が不要

3)テンプレートを使用して、Webページを自動的に作成できる

4)プラグインなどの使用により、ポータルサイトやコミュニティサイトの作成が可能

などでしょうか。

実は僕も、こういったサービスを利用しようとしてるんですが、いまいち利用にあたってのアイディアが出しきれていません。

まさに暗中模索状態ですw

『CMS解体新書』とかがあると助かるんですが(笑)ない物に頼っても仕方ないので、まあ、ぼちぼちガンバッテみます!

原文はこちら↓

http://kasegu-kotu.seesaa.net/article/25458494.html

********************************
稼ぐコツ!~5億稼ぐ道~
http://kasegu-kotu.seesaa.net

涼クール
********************************

テーマ : 知ってますか? - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。