プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 全てのロボット型サーチエンジンに有効なのは、RORサイトマップです。

 共通のサイトマップ形式ですのでMSN(Live.com)だけではなく、Googleにも、Yahoo!にも有効です。

 RORとはResources of a Resourceの略で、全てのサーチエンジンに対して使える技術です。

 RORサイトマップ(ROR Sitemap)はURIをror.xmlに書き出しサーチエンジンに認識してもらうファイルです。

 グーグルサイトマップがパーソナルなサイトマップ形式であるのに対し、RORは全てのサーチエンジンに対しユーザーサイトの様々な情報を伝えられるように設計されたオープンな形式です。

 RORはグーグルより以前に開発されていて決してその模倣ではありません。

--------------------


<HTMLの場合>


・RORサイトマップの作成

 次のところに、RORサイトマップ作成ツールがあります。

 http://www.xml-sitemaps.com/

 http://www.rorweb.com/ror-submission.htm

 どちらを利用してもよいと思います。

 他にもいくつかあります。

 http://www.rorweb.com/ror-submission.htm (ページの下の方にツールがあります)

など。

 RORサイトマップを作成したいhttpを入力してしばらく待っていると、自動的にサイトマップを作ってくれます。

 ページ数が多いと、時間がかかります。

 そして、作成されたror.xmlファイルをダウンロードします。

・RORファイルのアップロード

 ダウンロードしたRORサイトマップ(ror.xml)を、自分のサイトのトップディレクトリにFTPでアップロードします。

・HTMLファイルへの追加記述

 サーチエンジンに、RORサイトマップの存在と場所を教えるために以下のタグを、ホームページのHEADセクションに追加記述します。

 <link rel=”alternate” type=”application/rss+xml” title=”ROR” href=”ror.xml” />

--------------------

 GoogleとYahoo!ではサイトマップの登録を行うことが出来ます。

・Googleへの登録

 サイトマップの登録にはGoogleアカウントが必要となりますので、Googleアカウントを持っていない場合は以下のURLでGoogleアカウントを作成してください。

 https://www.google.com/accounts/NewAccount

 アカウントができればサイトマップを登録できます。

 サイトマップファイルをルートディレクトリにアップロードします。

 アカウントを取得したGoogleサイトマップにサイト及びサイトマップを追加します。

・Yahooへの登録

 Yahoo!では、検索エンジン用ロボットの巡回先への推薦とYahoo! Site Explorer ( 英語サイト )でのサイトマップの登録が行えます。

 現在のところ、Yahoo Japanへのサイトマップの登録はできません。

 IDを持っていない場合は英語版の Yahoo ID を取得方法をご覧下さい。

 https://login.yahoo.com/config/login_verify2?.src=siteex&.intl=us&.done=https%3A%2F%2Fsiteexplorer.search.yahoo.com%2F

 Yahoo! Site Explorer (英語)にサイトマップを登録

 https://siteexplorer.search.yahoo.com/

・Microsoft Live Search (旧MSNサーチ)でのサイトの登録

 Live Saerchでは、サイトマップの登録は行えないのですが、Live Search のクローラーのMSNBotに対して、巡回し

てほしいサイトの登録は行えます。

 http://search.msn.co.jp/docs/submit.aspx

--------------------

 サイトマップが登録できない検索エンジン

 Googleや、Yahoo!(英語)では、サイトマップの登録が行えますが、Microsoft Live Search には、サイトマップ登録が現在在出来ません。

 このような場合、RORサイトマップ認識のさせるには、HTMLの<head>タグ内に、以下以下の記述を追加することにより、検索エンジンに認識させる方法が取られています。

 ドキュメントタイプ(DTD)がHTML4.01の場合

 <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="ROR" href="ror.xml">

 ドキュメントタイプ(DTD)がXTML1.0の場合(.xml"ここに半角スペースを入れる/>)

 <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="ROR" href="ror.xml" / >

--------------------


 MTの場合;
 

 メインページ→テンプレート(インデックスページ)→(新規作成)

 テンプレート名:ror.xml

 出力ファイル名:ror.xml

 で作成できます。

 テンプレートが作成できたら各ページの<head>と</head>の間に

 <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="ROR" href="<$MTBlogURL$>ror.xml" />

といれてあげて再構築します。

--------------------

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 ウェブページの生成方法には2種類あります。

・ダイナミックページ(動的ページ)

 アクセスの度にプログラムで作られるページです。

 .aspx、.php、cgi等の拡張子がつけられています。

 FLASHはここでいうダイナミックページに当てはまりません。

・スタティックページ(静的ページ)

 あらかじめ完成しているページです。

 拡張子は.htmlや.htmが使われています。

 静的ページと動的ページは、GoogleやYahoo検索、MSNなどロボット型サーチエンジンのSEO対策に取り組む必要があります。

 静的ページならSEO対策に有効な方法をそのまま実行して行けばいいようです。

 動的ページでは、ビジターが表示した状態を基準にSEO対策することが重要なようです。

 動的ページの製作画面では、パラメータだけだったりして実際のウェブ表示を想像しにくい傾向があります。

 どの様にしてデータベースに格納された情報にキーワードを含めるかとかも考えながら製作しましょう。

 ダイナミックページはインデックスされにくい、とういわれているようですが、グーグルはpdf, asp, jsp, html,shtml, xml, doc, xls, ppt, rtf, wks, lwp, wri, swf, cfm, and php.について、インデックスをつけられると説明しています。

 動的ページをインデックスされ易くするには、Googleサイトマップを使うことがポイントです。

 しかし、シェアの多いYahoo検索(YST)とMSNサーチへの対策も行う必要があります。

 全てのロボット型サーチエンジンに有効なのは、RORサイトマップです。

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 キーワードに関する競合サイトのSEO対策を調査するための無料ツールに、

「SEOツールまるみでっせ」

 http://seotoool.com/

があります。

 お宝キーワードを探している時、KEI値の一歩先に行く方法です。

 スーパーアフィリエイターの戦略や、サイトの作り方がわかります。

 キーワードを検索すると、検索エンジンの順位をともに、各タグ、Google Page Rank、リンク数、被リンク数を調べることができます。

 参考になりますね。

 サイトに「SEOツールまるみえ」を設置するには、ページの中ほどにあるソースコードをコピーして、設置したい場所にペーストします。

 項目;

・順位

・TITEL

・titleタグ

・H1タグ

・metaタグ(desc)

・metaタグ(key)

・googleページランク

・ページ数

・リンク数

・被リンク数

・?数

です。

 ?数は、ほとんどのツールで公開されていない貴重なデータを一瞬で調査する事ができます。

 SEO対策、キーワード調査に活用できます。

 http://seotoool.com/

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 検索したい、でもいい言葉がみつからないというとき、

 Ferretを使えば、日々検索されているワードの中から検索目的にあったものを探せます。

 Ferret

・検索したいけど、どんな言葉で検索したらいいかわからない・・・

・検索エンジンで検索したら、結果が何万件も出て、探したいページを見つけられない・・・

・たしかこんな名前だったけど、正確な名前がわからない・・・

 検索をする前の「どんな言葉で検索したらいいの?」という悩みを解決します。

・自分の目的にあった検索ワードをピックアップすることができます。

・思いもつかなかった意外なワードが見つかり、検索の幅が広がります。

・ほかのユーザが知りたがっていることがわかります。

・すばやく簡単に検索ワードが見つかります。

・シソーラス辞書から言い換え語や関連語が提供されています。

・Wikipedia から関連する情報を取得して提供されています。

--------------------

 入力フォームでワードを入力してFerret検索を行うと、ワード情報を表示します。

 各タブをクリックすることでワード情報を確認できます。

 入力されたワードに対して連想される言葉を表示します。

 連想語が増えることで、ユーザが検索ワードを探す際の幅が広がります。

 例)「プロ野球といえば」 ・・・ 巨人、阪神、ロッテ、ナイター観戦、記録、背番号・・・
   「アロマテラピーといえば」 ・・・ リラックス、ハーブ、オイル、香り、肌、マッサージ・・・
   「旅行といえば」 ・・・ パックツアー、温泉宿、海外、格安航空券、おすすめプラン・・・

 同義語/関連語

 入力したワードの、同義語(言い換え語)と関連語を表示します。

 キーワードランキング

 ユーザはこのランキングを参考にすることで検索ニーズの高いワードを利用することができます。

 Ferret でユーザ登録を行うと、利用回数制限が解除され、検索回数表示がグラフから数値になります。

 Ferretへの登録はこちら

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。