プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・はじめに

 いつもサイトの順位が気になりますね。

検索エンジンの上位に表示されなければやっていけないという気もしますが、皆様はいかがでしょうか?

 SEO対策が非常に大切ですね。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しています。

 1月9日にGoogleの更新があったようです。

傾向としてはページランクは被リンク数に一層忠実になったようです。

 ページランク4だったサイトが3に落ちるなど、上がるどころか下がってしまったサイトが多いようです。

特に外部からのリンクが少ないサイトはランクを落としています。

外部リンクがあるところはランクを上げてきているようです。

 3になるためには外部からのリンクがそこそこ必要なようで、4になるためには、ページランクが高いサイトからのリンクがある程度必要なようです。5になるためには相当数のまともなリンクが必要なようです。

 しかし、Googleの更新でページランクの数字が下がったからといって落ち込む必要はないようです。

Googleはすべてのサイトに対する数字の付け方を厳しくしたからのようです。

 大切なのは、順位の方です。

 順位が極端に下がっていなければあまり問題ではないようです。

また、1月20日からYahoo!も更新を始めました。

 Yahoo!の更新では順位が大きく変動したようです。

 検索順位が急に大きく変動する可能性があります。

 Yahoo!がGoogleと決定的に違うのは人の手が加わるということのようです。

 Yahoo!に登録されているサイトは登録されていないサイトよりも上位に表示されやすいとのこと。


・ロングテール


もし自分のサイトの順位が急に落ちてもアクセスを集め運営を続けられるでしょうか?

この点については、ロングテールという考え方があります。

The Long Tail(ロングテール)とは、「あまり売れない商品が、ネット店舗での欠かせない収益源になる」とする考え方です。

 商品売り上げのグラフを、縦軸を販売数量、横軸を商品名として販売数量順に並べると、売れない商品が恐竜の尻尾(tail)のように長く伸びます。

 ロングテールは最初、オンラインDVDレンタル店の米NetflixやAmazon.comなどの特定のビジネスモデルを説明するために、米Wired誌の記事で同紙編集長であるクリス・アンダーソン (Chris Anderson) によって提唱された、2006年7月には、Hyperion Booksで単行本化されました。

日本では、早川書房刊『ロングテール』篠森ゆりこ訳で出版されています。

 一般的に、ある特定の分野における売り上げは、上位の20%が全体の80%を占めるというべき乗の法則(あるいは、20と80に限ってはいないが パレートの法則)に従っているとされています。

今までのオフライン小売店では、在庫の制限などでこの上位20%に当たる商品を多く揃えなければならず、その他(80%)は軽視されることが多かったのです。

しかしAmazon.comなどのオンライン小売店は、在庫や物流にかかるコストが従来の小売店と比べて遥かに少ないので、今まで見過ごされてきたこの80%をビジネス上に組み込むことが可能になり、そこからの売り上げを集積することにより、新たなビジネスモデルを生み出しました。

そのことを説明する時に使われるのが、ロングテールです。

 テール部分をフィルターして需要と供給のマッチングを助けてくれるサービスの代表的なものがGoogleやYahoo!などの検索エンジンです。

またdel.icio.us、はてなブックマーク、Flickrなどエンドユーザーがタグ付けを行うことでコンテンツを特徴づけ(これを「フォークソノミー」、大衆による分類という)、最適なコンテンツへ辿り着けやすくするサービスあります。

このサービスの恩恵を受ける形で、今までは需要がなかったコンテンツ制作者のビジネスの可能性が拡大しました。

広告媒体として今までは考えられていなかった個人運営ブログが、Googleアドセンスにより広告媒体として機能することが可能になりました。

個人で運用しているようなサイトでもロングテールの中でどのようにやっていくかが重要なのではないでしょうか。

検索エンジンの上位に表示されるには、ページのコンテンツとリンクが重要であることは基本中の基本だと思います。

しかしこれは一朝一夕ではできないことです。

これを補うのは、検索エンジンだけに依存するのではなく他からもアクセスを集めるようにしておくことでしょうか。

複数の集客源を作っておくことで徐々にアクセスも上がりますし、リスクの分散にもなります。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト

タグ : 検索エンジン 上位表示 アクセス アップ 大技 小技


コメント

はじめまして!とっても参考になりました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2007/02/03 09:43 | 忙しくても毎日を楽しみたい! | 売上速報! ここのところ、この方法を使ったときは、毎日売上が発生しているので紹介したいと思います。あまり、広めすぎると売上が落ちちゃう可能性もあるので迷ってはいるのですが。。。この方法は、ブログがひとつあれば十分実行できます。記事の書き方も、適当でも大丈夫...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。