プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMO

 SMOはソーシャルメディア最適化のことで、ソーシャルブックマークやソーシャルニュース 、ブログ、SNSなどのソーシャルメディを利用した広報活動のことです。

----------

 ソーシャルブックマーク利用者が増え、登録用のボタンを設置するブログやサイトが増えています。

 ブックマークボタンは、ソーシャルブックマーク利用ユーザに「ブックマーク」を思い出させる役目を果たせていれば十分なようです。

 ソーシャルニュースソーシャルニュースは、一般的なニュースサイトのような専門記者を置かず、一般のユーザーが作成・投稿するニュースサイトです。

 日本ではnewsing(ニューシング)やChoix(チョイックス)が有名です。

 アメリカではDiggが大流行して、ソーシャルニュースを使用したアクセスアップ法が一般的になっています。

 日本では人気ソーシャルニュースサイトがまだ現れておらず、利用ユーザ数も少ないのが現状です。

 しかし、ソーシャルニュースには、毎日配信される数多くのニュースの中から、注目度の高いニュースだけを効率よく取得できるメリットがあります。

 その他のソーシャルメディアブログブログは、いまさら説明するまでも無く、有名人、社長、個人など様々な形態のブログサイトが流行っています。

 SNSとはmixiに代表されるソーシャルネットワーキングサービスのことで、人と人との繋がりをオンライン上で展開するコミュニティサイトです。

 日記記事やコメントが、ブログのように不特定多数の人の目に触れることがないのが、利点でもあり欠点でもありますが、SNS内で繋がったネットワークにはブログにはない親密性があります。

 そのSNSを利用して宣伝行為を行うユーザを良く見かけますが、信頼関係が重要視されるSNSでは、宣伝目的のユーザは排除されていきます。

 WikiWikiとは、Wikipedia(ウィキペディア)を代表とするオンライン上で、誰でもコンテンツを作成し編集できるサイトの仕組みです。

 Wikipediaは、不特定多数のユーザがコンテンツを共作する百科事典のようなものですが、Wikipediaが検索エンジンから高評価を受けているため、自サイトのバックリンクを張るためにコンテンツを作成するスパムの様な行為も多く見られます。

 SEOやSEMが当たり前の時代となり、それに変わるアクセスアップ手法として注目されています。

 現在ではまだ、日本はアメリカほどSNSやブログ以外のソーシャルメディアが確立されていませんが、今後Web界を席巻する可能性は十分に秘めています。

 SEOよりもSMOが効果を発揮することが増えてきているようです。

 SEOとSMOが共存する時代に突入していますが、ホームページから利益を上げるためにはSEO・SEM・SMOの全てが重要です。

 日本でもアメリカ並みにソーシャルブックマークやソーシャルニュースが確立され、SMOがサイトを作る上での最重要課題となったとしても、ソーシャルメディアを利用する人数が検索エンジンを利用する人数を上回ることはありませんので、今後もSEO対策が必要な技術であることは間違いありません。

 しかし、SEOばかりに時間や労力を注いでしまい、競合サイトがSEOとSMOを併用していた場合、競合サイトに軍配が上がることは目に見えています。

 ソーシャルブックマークについて日本におけるSMOの核となっているのが、利用者急増中のソーシャルブックマークです。

 ブログ記事が、はてなブックマークやBuzzurl(バザール)のような大手ソーシャルブックマークサイトの人気・注目エントリーに掲載されればアクセス数は爆発的に増えていきます。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。