プロフィール

kishiym

Author:kishiym
 ホームページを作ったらアクセスアップが大きな課題ですね。
 大技・小技を研究して実践したいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSS

 RSSとは、ウェブサイトの記事の見出しや概要を配信するための技術で、Really Simple SyndicationとかRich Site Summaryなどの言葉を省略したものです。

 主にサイトの更新情報を公開するのに使われています。

 たとえば、ブログにファンがたくさんいれば、ファンは新しい記事を待っています。

 記事を書くと、それをRSS配信してお知らせするのです。

 いっそうのアクセスアップにとても有効です。

 そのRSSに企業の広告を入れることもでます。

 Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマットです。

 最初のバージョンはNetscape Communications社が「My Netscape」サービスのために1999年に開発したバージョン0.9です。

 これはコンテンツのメタデータを記述するRDFをベースにしたため、RSSバージョン0.91では、サイトの更新情報の配信に特化した仕様に改められました。

 その後、Netscape社に代わりRSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの仕様「RSS 1.0」( 1.0)を提案しました。

 高度な機能をモジュール化して追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザも依然として多く、こうした人々の手によって0.9xの後継となる「RSS 2.0」( 2.0)が提案されました。

 こうした経緯のため、RSSの仕様は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」(Rich Site Summary)の2系統に分かれています。

 RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができます。

 RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができます。

 指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されています。

 また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えています。

スポンサーサイト

テーマ : アクセスアップ - ジャンル : アフィリエイト


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。